Menu

Home
【アーカイブ有料配信は6/1〜12/31まで】オープン講座「基礎教養シリーズ〜ゼロから聴きたいフリー・ジャズ 〜」 講師:細田 成嗣 柳樂 光隆 

【アーカイブ有料配信は6/1〜12/31まで】オープン講座「基礎教養シリーズ〜ゼロから聴きたいフリー・ジャズ 〜」 講師:細田 成嗣 柳樂 光隆 



画像貸与 HouxoQue, photo by 石坂大輔


▷本講座はオンライン開催です。終了後はアーカイブ動画による後追い視聴が行えます。

放送時間:4時間06分
◎お申し込みはこちら: Peatix


毎回テーマに沿ったジャンルをがっつり掘り下げる『ゼロから聴きたい』シリーズ。
今回のテーマは”フリー・ジャズ”です。

講師には『AA 五十年後のアルバート・アイラー』が好評の音楽批評家、細田成嗣氏と、本校『ライター講座』の講師でもある音楽評論家の柳樂光隆氏をお招きいたします。
「フリー・ジャズとフリー・インプロの違いってよく分からない」という初心者の方や、「フリー・ジャズの構造やルールを知りたい」という方など、入門編としてフリー・ジャズ全盛期の60年代を中心に解説を行います。

この機会に改めて勉強しましょう。

 

ゼロから聴きたいフリー・ジャズ- 講師:細田 成嗣より


ジャズのサブジャンルの中でも、特に取っつき難いと思われているフリー・ジャズ。口ずさめるメロディもなく、美しいハーモニーもなく、踊れるようなリズムもない……そう認識している人も多いかもしれません。

確かに、ポップスのような大衆受けを目指した音楽ではないかもしれません。しかし、フリー・ジャズが完全にデタラメで自由奔放なセッションかというと、実はそうでもないのです。一つ一つの音楽をつぶさに観察してみると、節々に音楽的な要素があることがわかります。そして、一括りにフリー・ジャズと言ってもミュージシャンによってアプローチは千差万別で、中には似ても似つかない音楽も含まれています。

2020年代に入ってから、名門インパルス・レーベルが創立60周年を迎え、サン・ラ・アーケストラは21年ぶりの新譜をリリースし、映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が日本で公開され、ファラオ・サンダースとフローティング・ポインツがコラボレーションを果たし、あるいは国内初のアルバート・アイラー本が刊行される等々、フリー・ジャズはあらためて注目を集めているジャンルでもあります。

ブラック・ライヴズ・マター(BLM)運動が世界的に広がる現在、かつて1960年代に公民権運動と呼応したフリー・ジャズの意味合いも変化しているのかもしれません。また、音楽的な観点からも、ロックやプログレ、パンク、ノイズ、現代音楽、エレクトロニカ、クラブ・ミュージック等々、さまざまなジャンルと交わってきたフリー・ジャズは、今や一つの手法としてあらゆるシーンに偏在しているとも言えます。

今回はそのようなフリー・ジャズを、「いかに不自由か=音楽的要素が残っているか」という少し変わった視点を軸に、1960年代の全盛期から現在に至るまでの流れを辿ります。ムーヴメントとしては1960年代のスタイルであり、広い意味でのモダン・ジャズの終着点とも言えるフリー・ジャズですが、実際にはその成果は1970年代以降も現在に至るまで受け継がれています。しばしば1960年代後半以降はヨーロッパで発祥したフリー・インプロヴィゼーションの流れに接続されることもあるものの、今回はあくまでもアメリカ音楽の一種としてその歴史を見直します。「いかに不自由か=音楽的要素が残っているか」という視点からフリー・ジャズを捉え直すと、アプローチによっていくつかのタイプにも分類できるでしょう。

 

講義内容(予定)


【第一部】
Ⅰ フリー・ジャズの概要
●導入——フリー・ジャズとは?
●音楽的特徴

Ⅱ 前史〜草創期
●史上初のフリー・ジャズ?
●50年代の実験的ジャズ
●サード・ストリーム

Ⅲ 全盛期
●パイオニアたち
●「ジャズの10月革命」とESPディスク
●「新主流派」はフリー・ジャズ?
●第二世代の活躍とImpulse!レコード

Ⅳ ポスト・フリーの時代
●ポスト・フリーとは?
●シカゴ前衛派の台頭
●JCOA、AACM、BYG……自主組織の活動
●ロフト・ジャズ・ムーヴメント

休憩

【第二部】
Ⅴ ポスト・モダンの時代
●NYダウンタウン派
●パンク・ジャズ
●ハーモロディクス派
●M-BASE派

Ⅵ ルーツとアイデンティティの探索
●ジューイッシュ・カルチャー
●アメリカーナ
●クラブ・シーンとスピリチュアル・ジャズ
●ジャム・バンド

Ⅶ テクノロジーの活用
●ポストロックとの接点
●EAIまたは音響的即興
●ブルー・シリーズ
●ヴィジョン・フェスティバル

VIII テン年代のジャズ・アヴァンギャルド
●幾何学的グルーヴ
●即興演奏の配置/構成
●超絶技巧の行く先
●シカゴ新世代の“Amerikkka”


講 師:細田 成嗣
    柳樂 光隆

販売期間:2021年6月01日〜12月31日
視聴期限は2022年1/31までとなりますのでご注意ください。

放送時間:4時間06分

参加費:一般・・・1,500円
    美学校卒業生・・・1,000円
    2021年度・美学校在校生・・・500円

申 込:こちらの Peatixのページからお申し込みください。


◆今後の基礎教養シリーズ◆
・6/19&20『西洋音楽史その1~クラシック編』
講師:高山博
https://bigakko.jp/event/2021/classical_music_history


◆過去アーカイブがみられるもの◆

・『ゼロから聴きたいヒップホップ』
講師:大和田 俊之、長谷川 町蔵 、渡辺 志保 、荘子it
https://bigakko.jp/event/2021/hip_hop

 


講師プロフィール


柳樂 光隆(なぎら・みつたか)

1979年、島根県出雲市生まれ。
出雲高校~東京学芸大学卒。
珍屋レコード(店長)、ディスクユニオンへの勤務を経て、2000年代末から音楽評論家。ときどきDJ・選曲家。
ジャンルを問わず幅広い音楽に関するテキストを中心に新聞、雑誌、ウェブメディアなどに執筆したり、レクチャーをしたり、ラジオで喋ったり。専門はジャズ。
音楽やアーティストの分析、シーンの解説だけでなく、教育機関やNPOなどによる音楽教育や音楽シーンのエコシステムに関するリサーチをライフワークにしている。

 

 

 


細田 成嗣(ほそだ・なるし)

1989年生まれ。ライター/音楽批評。
2013年より執筆活動を開始。編著に『AA 五十年後のアルバート・アイラー』(カンパニー社、2021年)、主な論考に「即興音楽の新しい波──触れてみるための、あるいは考えはじめるためのディスク・ガイド」、「来たるべき「非在の音」に向けて──特殊音楽考、アジアン・ミーティング・フェスティバルでの体験から」など。2018年より国分寺M’sにて「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」と題したイベント・シリーズを企画/開催。

 

 


〈研究室・オープン講座〉


ライター講座 〜ライティングのための編集、編集するためのライティング〜 講師:柳樂光隆+ゲスト講師

▷授業日:隔週月曜(全15回+オンライン添削)
 19:00 〜 21:30
座学と実技・添削から成る実践的なライター講座です。授業でのインプットのみならずDiscordを活用したオンラインでの課題添削により、編集的な思考のもと文章を書くスキルを鍛えます。


美楽塾 JINMO+ゲスト JINMO

▷授業日:月曜(月1〜3回/年間20回) 
 20:00〜22:00
本講義は芸術表現の技法や知識といった”情報”の伝授の場ではない。五感、総ての感覚器官で対峙する状況における美の”体験”を実感する場としたい。良質のインプット無しには良質のアウトプットはあり得ない。美しいインプットに貪欲であれ。


映画を聴く 岸野雄一 岸野雄一

▷授業日:2021年 10/05、10/19、11/02、11/16、12/07、12/21、01/18、02/01
全て火曜日 20:00~22:00(全8回)
この講座では、映画における音/音楽の歴史や方法論、その効果を読み解く技術、すなわち『映画の聴き方』を身につけていきます。講師の所有する膨大な映像アーカイブをプレイバックしながら、20世紀以降の映像の発達史から、21世紀現在にまで繋がる音と映像の発展史を解読し、概念と方法論を体系化していきます。


歌というフィクション(2) 大谷能生 大谷能生

▷授業日:2021年 5/14、6/11、7/09、8/06、9/10、10/8
全て金曜日  19:00 〜 21:30(全6回)
この講義では、近世から現代までの日本における、その時々の「歌」が生み出してきたフォーマットを辿ることを縦軸に、そして、吉本隆明の『言語にとって美とはなにか』および菅谷規矩雄『詩的リズム』において展開されている言語論を横軸にして、どのような力の合成がフィクションとしての「歌」を成り立たせているのかの解析を試みます。