Menu

Home
講座一覧
歌う言葉、歌われる文字  鈴木博文

歌う言葉、歌われる文字  鈴木博文



【本講座はオンライン対応です】
コロナウィルスのリスクを考慮し、2021年度はオンライン講座として実施いたします。
感染状況を踏まえながら、対面希望者を4名から6名程度受け入れ、オンラインと対面の混合形式でも行います。対面希望者には均等に機会が周りますよう調整させていただきます。
オンライン講座に関する案内はこちら


定員:12名
月一回/第四金曜日:19:00 〜 21:30(全12回)
学費:100,000円 教程維持費:10,000円(年額)
開催教室:オンライン&美学校本校

授業見学に申込む

 


自分だけの歌詞を作る

愛しい言葉を歌詞にすることは難しいことではありません。同じようにその歌詞を歌うという最終表現に導くことも、とても楽しいことです。

2時間半の短い時間内に一行でもいいから、自分の愛しい言葉で詞を書きましょう。

そしてそれをみんなで批評しましょう。ここで大切なのは言葉を表出する前に、その言葉は自分にとって本当に愛しいものなのか、という自己批判です。そこを少しでも、まあいいか的にしてしまうと後々が困る。次々に出てくるだろう言葉の入った壷に蓋をしてしまうことになりかねません。人はそれぞれに謎に満ちた自分だけの言葉の壷を持ち歩いているのです。他者に見られる、他者の詞を味わうというのはとてもいい経験になるはずです。
歌詞の講座ではあるけれど、講座を重ねる中で、詞を作り、曲も作り、そしてそれを自分で歌い自分の詞が曲になり「歌詞」になるところを体感して欲しいと思っています。

まずは詞が作れるようになることが目標。

作詞が精いっぱい、という人には曲づくりをサポート、詞と曲までという人にはサウンドをサポートします。

自身で最後まで仕上げられれば無論、協力し合って作品を仕上げ、ミニライヴという形で数回発表していきます。
最終的に各自が楽曲2曲から3曲を仕上げ、最後の講座でライブをします。そして折角作った可愛い楽曲達、希望者には録音し音源化までわたしと一緒にたどり着きましょう。

 

 

授業スケジュール


5月
初めての顔合わせなので、お互いを少しでも知るために、わたしがいろいろ問題を出します。それに答えて知り合いましょう。

8月、12月頃にミニライヴを交えながら、以下のことをテーマとして話し、皆さんと一緒に考えながら詞を作っていきます。

1、詞は何処から湧き出るのか。「詞泉」を探す。
2、歌にならない詞はない。
3、餌を獲るように言葉を探す→「能動的な受動」
4、何も出て来なくなったら、1歩目に戻る勇気が必要。
5、主観なのか客観なのかなんてどうでもいい。
6、今言葉を探し詞にしようとしていることが、何よりも一番現実的なのだ。
7、その現実を共有しながら、自分にしか書けない詞を見つけ出す。
8、勧めるのは鉛筆で書く事。自由の中で詞はどこへ行くのか。
9、自分に合う言葉がこそ、良い作品を作り出す。
10、詞は誰でも作れて、そして誰も消すことは出来ない。

4月
最終講座:ライブ

 


◎2020年度受講生による、修了ライブ配信の模様です。

 

 

ミニライヴおよび曲作りについて


本講座は「歌詞」の講座なので、まずは作詞に専念いただいて大丈夫です。

素敵な詞をつくって、あとはこちらに委ねてくだされば、曲作り、作品化までサポートします。
曲作りも関心を持って取り組んでくださるのも大歓迎です。

ミニライヴ等発表の場は、美学校で開催予定です。
オンラインで講座にご参加の方は、その時だけ来校いただくか、ご自身での収録をお願いすることになります。
美学校から遠方の場合などは、別途ご相談の上決めていければと思います。

 


◎こちらは受講生たちによる作品集です。最終的にみなさんの作品はMETROTRON RECORDSよりコンピレーションとしてリリースすることが目標となります。

 

 

授業アーカイブによる復習と補完


授業は毎回アーカイブし、録画をVimeoにてストリーミング/受講生限定公開にて提供します。

欠席時の補完や復習などに活用ください。

 

 

講師プロフィール


鈴木博文

1954年5月19日、東京都生まれ。
1973年より、松本隆、矢野誠らとムーンライダーズ(オリジナル・ムーンライダーズ)として音楽活動を始める。実兄・鈴木慶一に誘われ、1976 年に moonriders に参加。バンドではベースを担当、また多くの作詞・作曲も手がける。

1987 年に自身主催のインディペンデント レーベル「メトロトロン・レコード」を立ち上げると同時にアルバム『Wan-Gan King』でソロデビュー。現在までに 13 枚のオリジナルアルバムを発表。

レーベルのプロデューサーとしてさまざまなミュージシャンの輩出を支え続ける一方、アーティスト、アイドルへの作詞・楽曲提供、The Suzuki(w/鈴木慶一)、Mio Fou(w/美尾洋乃)、政風会(w/直枝政広)などユニット活動もあり。

執筆活動では『ああ詞心(うたごころ)、その綴り方』『僕は走って灰になる―TEN YEARS
AFTER』『九番目の夢』など。

 

 

 

講座内容に関するご質問や相談


こちらのフォームは音楽系の講座に関するご質問や見学希望のための共通フォームです。ご希望の講座にチェックを入れてお問い合わせください。複数の講座のご質問も可能です。なお、本フォームからのお申し込みは受け付けておりません。

お名前
必須
 
年齢

メールアドレス
必須

確認のため、もう一度入力してください。


興味のある教程は何ですか?(複数可)
必須

ご相談内容 必須


 

 


〈作曲/作詞〉


楽理基礎科 菊地成孔 Kikuchi Naruyoshi

▷授業日:隔週水曜日 19:00〜21:30
楽曲の構造を支える『音楽理論』を学ぶ講座です。魅力的なコード進行が、どのような仕組みで作られているのか?全くのゼロから始め、ポップスのコード分析が可能な可能になるまでのベーシックな音楽理論を学習します。


作曲演習 高山博 Takayama Hiroshi

▷授業日:隔週水曜日 19:00〜21:30
楽曲の魅力の源泉ともいえる『メロディ』を作る技術を学ぶ講座です。才能や偶然で済まされがちなメロディの作り方を体系立てて学び、曲作りのスキルを多面的に身に付けます。短いフレーズをつくることから始め、オリジナル楽曲を仕上げていきます。


歌う言葉、歌われる文字 鈴木博文

▷授業日:第四金曜日 19:00〜21:30
歌い、歌われる「歌詞」について学び、作詞を実践する講座です。講師の実際の仕事を具体例とした作詞メソッドの解説と並行して、作詞課題と添削を行う実践的な講義となります。


実践!自己プロデュースと作品作り 入江陽

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜21:30
「作詞、作曲」および音楽作品を何らかの形で世に「発表する」ことに特化して学びます。 受講生それぞれの技術やスタイルをカウンセリングしながら、各自が最適な形で自分の楽曲を世に出すことを目指します。