Menu

Home
講座一覧
細密画教場  田嶋 徹

細密画教場  田嶋 徹



定員12名
毎週火曜日:午後6時30分~午後9時30分
学費:330,000 円 教程維持費:10,000円(通額)


細密画

 

細密画は鉛筆や絵具の粒子を一筆一筆おいていき、長い時間をかけて一つの作品を仕上げる根気のいる作業です。

まずものをよく見て、それを手に伝え、紙に描かれた像を見ることが脳にフィードバックされて、さらにものの見方が深化していく。

細密画の描き方を言葉にすると、このようになりますが、実際には一連の作業を、無意識下に、並列的に行っています。

そのような作業の回路が体の内にできて、いつでも取り出せるようになることそれが技術が身につくということです。

一年間で完成するというものではありませんが、その回路はこれから独自の技を磨いていくきっかけになるようなものです。

授業は週に一回しかありません。その何倍も自習しなければ一年が無駄になりますのでそのつもりで。

田嶋徹

 

授業内容


_MG_5220

 【下画き】

・モチーフをどの大きさで描くか、から始めて細部いたるまで、フリーハンドでかたちをととる技術
・道具を使ってモチーフを計測して描く技術

【鉛筆】

・明暗の階層表現、質感表現の技術

【水彩】

・色調表現、質感表現の技術

【その他】

・平面画像の模写
・不透明絵具の描法 

 

 ※ 生徒持ち用具・材料

鉛筆各種・カッターナイフ・芯研ぎ器・練りゴム・消しゴム・羽ぼうき・スケール定規・比例ディバイダー・トレーシングペーパー・カーボン紙・ケント紙・固形透明水彩絵の具各色・コリンスキー筆・ベニヤ板・水張りテープ・刷毛・アルシュ紙極細目・筆洗い器・梅皿 その他

 

講師プロフィール


田嶋徹田嶋徹

1969年東京生まれ。1987年美学校細密画教場に学び絵を描き始める。1991年より個展。彩林堂画廊、ギャラリーアートもりもと他グループ展多数。2001年より美学校細密画教場講師。

 

 

 

講座レポート

不自由さが生む独自の感覚―細密画教場


文=木村奈緒 写真=皆藤将

_MG_5923

金曜日の夜は一週間の労をねぎらい、明日からの休みを前に飲み歩く人で街が賑わう。美学校のある神保町も例外ではない。ただし、一カ所だけ例外がある。美学校が入る第2富士ビル3階。フロアのちょうど真ん中に位置する教場には、世間が盛り上がり始める19時から約3時間、言葉を交わすことなくただひたすら目の前の作業に打ち込む人たちがいる。彼らこそ、細密画教場の面々だ。なぜ彼らは黙々と描き続けるのか?その理由を探しに教場を訪れた。(※授業曜日は2015年度より金曜日から火曜日に変更。)

 

簡単にはできない、だから面白い

「確かに授業の間はほとんど話をしませんね。隣の講座(「絵と美と画と術」)の話を聞きながら作業している感じです。もちろん授業の前後には話をしますよ。授業前には、この一週間でやってきたこと。授業後には、来週までに自宅でやる作業について話します」。細密画を見たことがある人はお分かりになるだろうが、「鉛筆や絵具の粒子を一筆一筆おいて」(美学校講座紹介より)いく細密画は、週に1回3時間の授業で完成するほど簡単なものではない。では一体どのようにして描かれているのか?講師の田嶋徹先生にその行程を見せてもらった。・・・続きを読む

 

 

講師インタビュー

細密画教場講師―田嶋徹


_MG_0635

━━━授業についてお伺いしていきたいと思います。一年を通し、具体的にどのように細密画を学んでいくのでしょうか?

元々私も20数年前ここの生徒だったんですが、授業の内容は、ここで習った経験プラスその後自分で描くようになった絵の技術がベースになっています。

具体的にどういうことをやるかというと、最初鉛筆を使うんですね。夏休みまでの一学期間は紙に鉛筆を使ってモノクロの表現をします。モチーフは長い時間をかけて描くものなんで、目の前に置いておいても変化しないようなもの、貝殻とか昆虫の標本とかになります。そういうものを最初は鉛筆で克明に描いていきます。そして二学期、三学期になると、透明水彩絵の具を使うカラーの表現になっていきます。

最初はまず、肉眼で見たものを手で表したらどうなるかというのからやります。そして今度は補助をする道具を使ったりして、それをより詳しく、フリーハンドで描いたものが正しいかどうか検証するようにして、測っていくという作業をやります。それが最初です。・・・続きを読む

 

 

受講生による作例


細密画

「タイセリケウスミヤマクワガタ」渡辺のり子

 

 

この教程に受講を申込む

 

 

〈絵 画〉
NabetaTsuneo

▷授業日:毎週土曜日 13:00〜17:00
モノ(事柄)を観察し考察し描察します。モノに対する柔軟な発想と的確な肉体感覚を身につけます。それぞれの「かたち」を模索し、より自由な「表現」へと展開する最初の意志と肉体の確立を目指してもらいます。

Tajima Toru

▷授業日:毎週火曜日 18:30〜21:30
細密画教場では目で見たものを出来るだけ正確に克明にあらわす技術の習得を目指します。この技術は博物画やボタニカルアート、イラストレーションなどの基礎になるものです。

Miyajima Yoichi

▷授業日:毎週火曜日 18:30〜21:30
Drawing「線を引く。図面」などを意味します。美術の世界では、紙などに鉛筆やペン、水彩などで描かれた表現形式を言います。描ける材料ならどのような画材でも持参してください。毎回ドローイングの制作を行います。

Majima Hidenori

▷授業日:毎週土曜日18:30〜21:30(毎月第三週は日曜日13:00〜17:00)
本講座では自立した作家として歩み出せるように、制作実践のための可能性を探究し続けます。内容は基礎素材論に始まり、絵画制作に必要な準備の方法を習得するために、古典から現代までの作品研究等をゼミ形式で随時開催します。

Sato Naoki

▷授業日:毎週木曜日19:00〜22:00
とにかく描きます。そういう講座です。でも「描く」ってどういうことでしょう。時代や場所によっても異なります。この講座ではそこのところをできるだけ広げて考え、実践し、各自の力にしてもらいたいと思います。