Menu

Home
講座一覧
講座一覧〔研究室〕
ライター講座 〜ライティングのための編集、編集するためのライティング〜 講師:柳樂光隆+ゲスト講師

ライター講座 〜ライティングのための編集、編集するためのライティング〜 講師:柳樂光隆+ゲスト講師



本講座はオンライン授業+人数を限定しての対面授業のハイブリッド形式で実施します。
オンライン講座に関する案内はこちら


定員:15名
期間:2023年5月〜2024年3月
日時:隔週月曜(全15回+オンライン添削)19:00~21:30
学費:170,000円 教程維持費:10,000円(年額)
開催教室:オンライン+対面


本講座は座学と実技・添削から成る実践的なライター講座です。

オンラインでの開催になりますので、地方や国外在住の方もぜひお気軽にご参加ください。

普段の授業はZOOMで行うほか、授業時間外の連絡とコミュニケーション手段として、フリーで使えるチャットツールであるDiscordを使用します。課題添削や授業時間外での質問やコミュニケーションに活用可能です。

オンラインの強みを生かした授業をお届けいたします。

ZOOM授業


ゲストを招いての座学や文章への個別講評などを行います。ZOOM授業は毎回アーカイブされますので、多忙な方は後から視聴することも可能です。

 

ンライン添削


授業連絡はじめ、様々なコミュニケーションにはチャットツールのDiscordを使用します。

個別のスレッドが設けられ、そちらに適宜文章を提出いただくことでオンラインで講師から添削やアドバイスを受けることができます。

 

 

講師・柳樂光隆より


美学校のライター講座も4期目になりました。

この講座は文章を書くことを編集の視点も交えて考えるための講座です。

別の言葉で言うなら、「自分の中にもう一人の編集者を作ることで執筆の質を上げることを目指す」講座です。

 

ただ文章を書くだけではなく、
いつ、どこに、なんのために、書くのか、
その文章で何を伝えたいのか、
その文章をどこに届けたいのか、 など、様々なことを考えながら書くために
課題をこなしてもらったり、
ゲストの話を聞いてもらったりします。

 

半分は提出してもらった課題に対して私が講評をする時間にします。
受講生にはなに、いつ、どこ、なぜ、どのように
をひたすら考えながら
自分で自分の課題を作ってもらいます。

 

全員が自分の興味や関心、割ける労力、
執筆可能なペース、執筆可能なボリューム、
そして、執筆可能な難易度に合わせて、
編集者としての自分がライターとしての自分に原稿を依頼するような気持で
自分にふさわしい課題を設定してもらいます。
まず、そこが編集的なトレーニングの第一歩です。
そして、それを粛々とこなしてもらいます。

 

提出してもらった課題に対して、
私はアドバイスをしたり、何かアイデアを出したりします。
受講生は躓いたところやしっくりきていないところ
上手くいったところやもっと上手くできそうなところ
もしくは疑問点や相談したい点などについて
私と他の受講生に向けて話をしてもらいます。

 

つまり、「架空の編集会議」もしくは「ゼミ」のような形で
みんなで講評をしていきます。

 

この架空の編集会議で
様々な人の課題を見て、
様々な人のアイデアや手法を学びながら、
様々な人の様々な悩みを聞いて、
疑問や相談に対する私のアドバイスやアイデアを聞いて、
他の受講生が課題を仕上げたり、修正したり、磨き上げたりするプロセスを
実際に見て、それを自分の課題に活かしながら、
レベルアップを目指します。

 

課題の提出は月に1回くらいです。
短いレビューやエッセイでも
長い論考でもインタビューでも何でもいいのですが
とりあえず何かしらの執筆可能な課題を自分に課してもらって、
それを提出してもらいます。
大変だと思いますが、がんばって書けることを書いてもらえればと思います。

 

その課題を書くための様々な視点を提供するために
プロのライターや編集者、その他、メディアに関わる方をゲストにお迎えして
私と共に受講生に向けて話をしてもらいます。
この講座のゲスト回は著名人のトークショーではありません。
日々執筆や編集をしているプロの方に実際にやった仕事の例も出してもらいながら、
執筆や編集のためのヒントを話してもらいます。
同じことを私も毎回、30分ほどやります。
自分が実際にやった仕事において事前に考えたアイデアやプランだけでなく、
実際にどのような結果になったか、その振り返りや反省も含めて
生々しい話を毎回皆さんにシェアします。
質問されれば、話せることは惜しみなくシェアします。
プロのプロたるゆえんともいえる独自の手法や技術、アイデアだけでなく、
プロでも頭をひねり、試行錯誤しながら、最善を尽くしている様から
何かを学んでいただけたらと思います。

 

ちなみに私のモットーは自分のことを第一に考える、です。
時には無理をして頑張りますが、それは自分のためですし、
時にはペースを落としたり、休みますが、それも自分のためです。 自分で自分の声を聞きながら、自分を労わることが
ライターとしていい仕事を長く続けるための条件だと思っています。
なので、自分で自分に相談しながらやってもらいます。
褒めたり、励ましたりはしますが、
鼓舞したり、煽ったりはしません。
座っているときに無理に抱え上げて立たせたりもしませんし、
歩いていたときに走るように尻を叩いたりもしません。
なので、自分で考えながら、自分のペースでやりたい方はぜひ受講して下さい。
私なりにサポートいたしますし、私がシェアできるものはシェアします。
ぜひ、私と一緒に文章を書きましょう。

 

最後に、この講座は私が実際に仕事で使った手法やアイデアをシェアしますし、
相談にものりますし、アドバイスもします。
ゲスト回には第一線で活動するプロのライターや編集者などが来ます。
なので、すでにライターとして仕事をしている方も歓迎です。
過去にも何人も受講された方がいました。
レベルアップしたい。
伸び悩んでいる気がする。
たくさん書いているけど仕事や評価がついてこない。
インタビューがもっと上手くなりたい。
など、具体的に課題点などがある方も歓迎です。
プロの方にはプロの方向けに対応しますし、 私も同じプロとして知恵を絞ります。
私は今でも日々進化し続けているのを実感しています。
ぜひ、私と一緒に進化しましょう。

 

 

ZOOM授業スケジュール(随時更新)


※現在スケジュール調整中です。決定次第随時更新いたします。

 

 

受講生/卒業生の成果物や活動

卒業生は趣味で文章を書いているアマチュアの方からプロとして活動するライターまで多岐に渡ります。個人的にnoteで発表したり、自主制作のZINEを文学フリマやBoothで販売したり、webに寄稿したり、各自が目指す形で成果物を発表・活動を継続されています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆対談:影山裕樹×土屋耕二 ローカルメディアはマネタイズの夢を見るか。ワークショップと持続可能性について。

◆インタビュー:待っていたよ、ハドソン・モホーク──7年ぶりの新作と飛躍

◆インタビュー:XTALが語る(((さらうんど)))の再始動からニューアルバム『After Hours』に至るまで

◆寄稿:社会通念を根拠にセックスワーカー差別を追認した司法判決 「セックスワークにも給付金を」訴訟レポート

 

講師プロフィール


柳樂光隆

1979年、島根県出雲市生まれ。
出雲高校~東京学芸大学卒。
珍屋レコード(店長)、ディスクユニオンへの勤務を経て、2000年代末から音楽評論家。ときどきDJ・選曲家。
ジャンルを問わず幅広い音楽に関するテキストを中心に新聞、雑誌、ウェブメディアなどに執筆したり、レクチャーをしたり、ラジオで喋ったり。専門はジャズ。
音楽やアーティストの分析、シーンの解説だけでなく、教育機関やNPOなどによる音楽教育や音楽シーンのエコシステムに関するリサーチをライフワークにしている。

 

小熊俊哉

1986年、新潟県生まれ。
ライター/編集者。洋楽誌CROSSBEAT、タワーレコードの音楽サイトMikikiを経て、現在はフリーランスとしてRolling Stone Japanを中心に活動中。
編書に『Jazz The New Chapter』『クワイエット・コーナー 心を静める音楽集』『ポストロック・ディスク・ガイド』など。

 

矢野利裕

1983年生まれ。
批評家・DJ。音楽と文学を中心に批評活動をおこなう。
2014年、「自分ならざる者を精一杯に生きる」で第57回群像新人文学賞優秀作を受賞。
著書に『コミックソングがJ-POPを作った』(P-VINE)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)など。

 

宮田文久

1985年、神奈川県生まれ。
フリー編集者。
2016年に株式会社文藝春秋から独立後の主な仕事は、
ポン・ジュノや細野晴臣、一柳慧、タル・ベーラ、坂本龍一、菊地成孔、Mummy-D、深田晃司、濱口竜介、Awich、小田香、tofubeatsらへのインタビュー&構成、片山杜秀らの書籍構成、
文芸誌『群像』『文学界』への寄稿、編集協力として伊藤亜紗らによる『見えないスポーツ図鑑』(晶文社)など。

 

講座内容に関するご質問や相談


こちらのフォームは音楽系の講座に関するご質問や見学希望のための共通フォームです。ご希望の講座にチェックを入れてお問い合わせください。複数の講座のご質問も可能です。なお、本フォームからのお申し込みは受け付けておりません。

お名前
必須
 
年齢

メールアドレス
必須

確認のため、もう一度入力してください。


興味のある教程は何ですか?(複数可)
必須

ご相談内容 必須


 

*ご入力いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに定める個人情報の目的以外で使用することはありません。また、許可なく第三者に提供、開示することはいたしません。*フォームが正しく表示されなかったり、うまく送信できなかった場合は、お手数ですが事務局までメールか電話でお問い合わせください。

 

 

〈研究室〉


美楽塾 JINMO+ゲスト JINMO

▷授業日:月曜(月1〜3回/年間20回) 20:00〜22:00
本講義は芸術表現の技法や知識といった”情報”の伝授の場ではない。五感、総ての感覚器官で対峙する状況における美の”体験”を実感する場としたい。良質のインプット無しには良質のアウトプットはあり得ない。美しいインプットに貪欲であれ。


ライター講座 柳樂光隆+ゲスト

▷授業日:隔週月曜 19:00〜21:30
オンライン開催の実践的なライター講座です。『編集』の視点を交え文章を書くトレーニングに加え一線で活躍するプロのゲストによる講義も予定しています。