Menu

Home
【アーカイブ販売期間:2021年11月23日〜2022年5月31日】オープン講座「基礎教養シリーズ〜ゼロから聴きたい日本のニューウェイブ〜」講師:TVOD(コメカ、パンス) ゲスト・スピーカー:岸野 雄一 横川 理彦

【アーカイブ販売期間:2021年11月23日〜2022年5月31日】オープン講座「基礎教養シリーズ〜ゼロから聴きたい日本のニューウェイブ〜」講師:TVOD(コメカ、パンス) ゲスト・スピーカー:岸野 雄一 横川 理彦



▷本講座はオンライン開催です。終了後はアーカイブ動画による後追い視聴が行えます。
放送時間:4時間8分

◎お申し込みはこちら:Peatix


毎回テーマに沿ったジャンルをがっつり掘り下げる『ゼロから聴きたい』シリーズ。
今回のテーマは”日本のニューウェイブ”です。

この講座では、『ポスト・サブカル 焼け跡派』の著者であるコメカとパンスによるテキストユニットTVODが、「日本のニューウェイブ」と呼ばれ得る領域の概観・大まかな流れを解説していきます。
また、ゲストには本校「映画を聴く」講師でありスタディストの岸野 雄一氏。同じく本校「サウンドプロダクション・ゼミ」講師であり、作編曲、演奏家の横川 理彦氏を時代の証言者としてお招きいたします。

80年代の音楽文化が気になる」「後追い世代なので当時の空気感をもっと知りたい」などなど、かつてあった可能性の中心として”日本のニューウェイブ”を検証します。

※ゼロから聴きたいシリーズは隔月、奇数月に開催いたします。ご期待ください!!

 

ゼロから聴きたい日本のニューウェイブ- 講師:TVOD(コメカ)より


1970年代の終わり、サマー・オブ・ラブから10年を数え、すっかり巨大産業化してしまったロック・ミュージックに対するカウンターとして、パンク・ムーブメントが巻き起こりました。シンプルなスリー・コードや直線的なリズムによってパンクがロック・シーンを原点回帰させた後、「パンク以降」の新しいロックが各国から登場し、それらは総称としてニューウェイブ・ロックと呼ばれることになります。パンク的な精神、すなわちDo It Yourself的な自発性やアマチュアリズム、過去のロック史を意識的に否定・更新しようとする革新主義をもって、ポップ・ミュージックにおけるさまざまな実験を試みたのがニューウェーブだった、と言えるでしょう。シンセサイザーなどのエレクトロニクスの導入や、スカやファンク、アフロビート等のリズム探求、ダブのような音響工作やミニマルミュージック、ノイズ等の非ロック的な文法への挑戦などなど、ロック・ミュージックというカテゴリーの幅を大きく広げるようなユニークなサウンドが、数えきれないぐらい沢山のバンドたちによって模索されました。

ロンドン、ニューヨークを中心に勃興したニューウェイブは、当時の日本のリスナーやミュージシャンにも大きな衝撃を与えることになります。その影響でバンドや音楽制作を開始した者、既にミュージシャンとしてキャリアを重ねていたものの、スタイルをガラッと変更した者など、様々な形で自らニューウェイブ・ロックを演奏しようとする人々が登場しました。YMOを中心としたテクノ・ポップのブームはメジャー・シーンをも席巻しましたし、自主制作盤=インディーズ・レコードの制作や流通・販売も少しずつ盛んになるなど、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの両面にニューウェイブはその爪痕を残しています。BOØWYやレベッカのような当時のビッグ・バンドもニューウェイブとの関係抜きには語れませんし、フリッパーズ・ギターや電気グルーヴなど、90年代以降にサブカルチャー・シーンを支えることになったバンドたちも、ニューウェイブがその音楽的原体験です。

今回の講座では、このニューウェイブ・ロックの日本における受容と展開を、TVODがクロニクル的に辿り解説します。通史的にさまざまなバンドやレコードを確認していくことで、80年代の日本のニューウェイブ史を大掴みにまとめていきます。初心者にも分かりやすい形で大局的な流れを説明しつつ、要所要所で当時の状況を深掘りする予定です。
ゲストにはスタディスト・岸野雄一さん、音楽家・横川理彦さんをお迎えし、おふたりが当時リアルタイムに体験された状況について、お話を伺います。

ニューウェイブを知ることで、それ以前・以降のポップ・ミュージックをも更に楽しく聴くことができるようになるはずです。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

 

講義内容(予定)


Ⅰ【1978,1979,1980】
 ●日本におけるパンクの輸入・受容~東京ロッカーズ
●テクノポップブームとはなんだったのか
●80年前後のアンダーグラウンドシーンの状況
●吉祥寺マイナーとピナコテカレコード

Ⅱ【1981,1982,1983】
●ニューウェイブの商業的定着、「80年代宝島」的磁場の形成
●ポスト・テクノポップとテクノ歌謡
●自主制作盤の制作と流通
●『天国注射の夜』~『天国注射の昼』

Ⅲ【1984,1985,1986,1987】
●インディーズブームの発生、資本の介入
●マイナー領域で持続したテクノポップ
●ノイズ、オルタナティブ、ジャンク
●ニューウェイブの退潮と、90年代への助走

 


講 師:TVOD(コメカ・パンス)

ゲスト:岸野 雄一
    横川 理彦

販売期間:2021年11月23日〜2022年5月31日

放送時間:4時間8分

形 式:オンライン

参加費:一般・リアルタイム受講・・・1,000円
    2021年度・美学校在校生・リアルタイム受講・・・500円
    
    一般・アーカイブ受講・・・1,500円
    2021年度・美学校在校生・アーカイブ受講・・・1,000円
    

申 込:こちらのPeatixのページからお申し込みください。

リアルタイム受講にアーカイブ動画は付与されません。
また、アーカイブ動画ではプレイバックされた音楽部分はカットや映像の差し替えを行っております、予めご了承ください。動画概要欄にレジュメのリンクをご用意しております。そちらからプレイバックされた楽曲は検索可能です。

 

アーカイブ動画視聴に関して


視聴期限は2022年6月30日までとなりますのでご注意ください。

 

講師プロフィール


TVOD

メカ(早春書店店主)パンスによる批評ユニット。
初の書籍『ポスト・サブカル 焼け跡派』(百万年書房)2020年1月31日より全国発売。
TVOD、高岡洋詞、姫乃たまの4人によるポッドキャスト「TVODの焼け跡ラジオ」、Spotify、Apple Podcastsなどで配信中。
11/24 より新刊『政治家失言クロニクル』が発売。

 


岸野 雄一(きしの・ゆういち)

音楽家、オーガナイザー、著述家など、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗る。
東京藝術大学大学院映像専攻、立教大学現代心理学部、広島市立大学芸術学部にて「映画におけるサウンド・デザイン」の教鞭を執る。音楽レーベル運営として“Out One Disc”を主宰し、OORUTAICHIやGangpol&Mitなど個性豊かなアーティストをプロデュース。オーガナイザーとしてはSparks、Max Tundraなどの海外アーティストを招聘。アーティストとしては、音楽劇『正しい数の数え方』が文化庁第19回メディア芸術祭エンターテインメント部門で大賞を受賞した。近年では、都内コンビニにDJブースを持ち込んだ『レコードコンビニ』や、盆踊りをアップデートするプロジェクトが話題を呼ぶなど、常に革新的な『場』を創造している。

 


横川理彦

横川 理彦(よこがわ・ただひこ)

作編曲、演奏家。
80年に京都大学文学部哲学科を卒業後、本格的な演奏活動に入る。4-D、P-Model、After Dinner、Metrofarce、Meatopia等に参加。電子楽器と各種生楽器を併用する独自のスタイルに至る。海外でのコンサート・プロジェクトも多数。現在は、即興を中心としたライブ活動などのほか、演劇・ダンスのための音楽制作など多方面で活動中。また、コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。ヨーロッパ、アフリカ、アラブ、日本と、世界中の音楽のDNAを徹底的に研究し、自身の作品に貪欲に取り入れる。昨年Whereabouts Recordsよりリリースした最新プロジェクト『RedRails』では、自身のヴァイオリンとエレクトロニクスに、フランス人トラッドミュージシャンとの即興を取り入れ、繊細な電子音響を構築した。

 

 


〈配信中のオンライン講座〉


うたのしくみ番外地(1):深沢七郎のリズムとテクスト 講師:細馬 宏通 大谷 能生

▷放送時間:2時間17分
古今東西の名曲にぴたり寄り添いながら「歌」が生み出すあれこれに言葉を与えていった名著『うたのしくみ・増補完全版』(ぴあ)。
三月にリリースしてから、このご時世、なかなか出版記念イベント的なものができていなかった細馬宏通さんですが、美学校で現在「歌というフィクション」講義中の大谷能生と、作家でありギタリストでもある「深沢七郎」をテーマに文学←→音楽をあちゃこちゃ行き来しながらトークします!「楢山節考」「東京のプリンスたち」「風流夢譚」など、口に出すのもオモシロイ諸作を「うたのしくみ」的な視点から解説!


〜ゼロから聴きたい映画音楽〜 講師:小室 敬幸 岸野 雄一 ゲスト:長谷川 町蔵 小沼 純一 

▷放送時間:3時間45分
「映画の中で鳴っている音楽が気になる」「好きな映画音楽家についてもっと知りたい」という初心者の方や、「映画と音楽の関係ってどうなってるの?」「映画音楽における音楽としての意匠が知りたい」という方など、自立した音楽としての映画音楽を評価する、という視座に立って解説を行います。


〜ゼロから聴きたいフリー・ジャズ〜 講師:細田 成嗣 柳樂 光隆

▷放送時間:4時間06分
 「フリー・ジャズとフリー・インプロの違いってよく分からない」という初心者の方や、「フリー・ジャズの構造やルールを知りたい」という方など、入門編としてフリー・ジャズ全盛期の60年代を中心に解説を行います。


〜ゼロから聴きたい渋谷系〜 講師:加藤 賢 牧村 憲一 岡村 詩野 ばるぼら  聞き手:岸野 雄一

▷放送時間:4時間11分
「渋谷系と耳にはするけど実はよく分からない」という初心者の方や、「改めて体系立てて聴いてみたい」という方、「後追い世代なので、どのような経緯で誕生して広まっていったのか知りたい」という方などなど、90年代に生まれたこの特異な括りの音楽を掘り下げ、解説を行います。


〜ゼロから聴きたいヒップホップ〜 講師:大和田 俊之  ゲスト:長谷川 町蔵 、渡辺 志保 、荘子it

▷放送時間:4時間12分
「基本的に音楽ファンなのだが、ヒップホップが出てきた時に乗り切れずに、新譜を買う習慣が途切れてしまった」という初心者の方や、「トラップ以降のヒップホップがよく分からない…」という方、あるいは「生まれた時にはすでにヒップホップがあったので、どのような経緯で誕生して広まっていったのか知りたい」といった方などなど、知識レベルは問いません。 この機会に改めて勉強しましょう。