Menu

Home
入学案内
学費案内

学費案内

学費は、授業料、設備費によって構成されます。学費総計の他に教程維持費がかかります。過去に在籍記録のある方、二年目以降の受講者は、学費の割引が適用されます。3教程以上の受講を希望する場合は事務局までお問合せください。

 

2020年度5月期学費一覧 (pdfによる一覧表はこちら

1教程受講

分類授業料設備費学費総計
A1320,00010,000330,000
A2330,00010,000340,000
B160,00010,000170,000
C270,00010,000280,000
D190,00010,000100,000
D245,0005,00050,000

※教程の分類はこの下に記載してあります。
※学費総計の他に教程維持費がかかります。
※教程維持費は各教程のページに記載してあります。

2教程受講

分類授業料設備費学費総計
A+A430,00020,000450,000
A+B430,00020,000450,000
A+C430,00020,000450,000
B+B280,00020,000300,000
B+C360,00020,000380,000

* D教程とA、B、C、D教程のいずれか2教程を合わせて受講する場合の割引はありません。それぞれの学費総計の単純合算となります。

※教程の分類はこの下に記載してあります。
※学費総計の他に教程維持費がかかります。
※教程維持費は各教程ごとにかかります。
※教程維持費は各教程のページに記載してあります。

修了生(1,2教程受講)

分類学費総計割引後学費総計
A1330,000270,000
A2340,000280,000
B170,000140,000
C280,000250,000
D1100,00090,000
D250,00045,000
A+A450,000380,000
A+B450,000380,000
A+C450,000380,000
B+B300,000280,000
B+C380,000340,000

* D教程とA、B、C、D教程のいずれか2教程を合わせて受講する場合の割引はありません。それぞれの学費総計の単純合算となります。

※教程の分類はこの下に記載してあります。
※教程維持費は各教程ごとにかかります。
※教程維持費は各教程のページに記載してあります。
※教程維持費の割引はありません。

 

A1(絵画、現代美術、メディア表現)

造形基礎I、細密画教場、生涯ドローイングセミナー、超・日本画ゼミ、描く日々、アートのレシピ、ビジュアル・コミュニケーション・ラボ、芸術漂流教室、未来美術専門学校、外道ノススメ、モード研究室、「みる、はなす、つくる。」

A2(版画/写真)

シルクスクリーン工房、石版画(リトグラフ)工房、銅版画工房、版表現実験工房(銅版画)、写真工房

B(作曲/作詞、DTM、現代美術、メディア表現、研究室)

楽理中等科、作曲演習、魁!打ち込み道場、レコーディングコース・プレミアム、サウンドプロダクション・ゼミ、アレンジ&ミックス・クリニック、現代アートの勝手口、デザインソングブックス、特殊漫画家-前衛の道、美楽塾
※2020年度募集なし:楽理基礎科、イベント・プロデュース講座

C(メディア表現)

実作講座「演劇 似て非なるもの」

D(作曲/作詞、研究室)

D1 「歌う言葉、歌われる文字」、中ザワヒデキ文献研究
D2 PLAYをキーにアートを考える方法を整理する

 

支払い例 


◎1教程を受講

・「造形基礎I」の場合
合計34万円
【内訳 学費総計33万円(授業料32万円+設備費1万円)+教程維持費1万円】

・実作講座「演劇 似て非なるもの」の場合
合計32万円
【内訳 学費総計28万円(授業料27万円+設備費1万円)+教程維持費4万円】

 

◎2教程を受講

・「造形基礎I」と「銅版画工房」の場合
合計48万円
【内訳 学費総計45万円(授業料43万円+設備費2万円)+教程維持費2万円(造形基礎1万円+銅版画工房2万円)】