Menu

Home
講座一覧
デザインソングブックス  大原大次郎+宮添浩司+本多伸二

デザインソングブックス  大原大次郎+宮添浩司+本多伸二



【授業開始日の延期について】
当校では新型コロナウィルスの感染拡大にともない、5月期講座の開始日程を当初の予定である5月中旬から5月下旬〜6月上旬に延期とすることを決定いたしました。当講座の初回日程は以下を予定しております。なお初回日程は今後の感染症の拡大状況により変更になる可能性があります。

デザインソングブックス:5月28日(木) 6月11日(木)


定員 12 名
隔週木曜日:19:00〜22:00
学費:170,000 円 教程維持費:10,000円(年額)
開催教室:本校

授業見学に申込む

 


デザインソングブックス

 

そもそも、デザインってなんだろう?

その答えは、永久に揺るがないような強固なものではなく、
毎日意味やレートが変わるような、生モノだと考えてみよう。

デザインの意味やレートをゼロから設計してもいいし、いたずらしてもいい。
創造や破壊なんていう大ごとの前に、あせらずゆっくり、
ほんの少しだけ疑うだけでもいい。

デザインを食べてみる?
着てみる?
住んでみる?
歌ってみる?
泳いでみる?
笑ってみる?
無視する?
…どうする?

この講座『デザインソングブックス』は、デザインの実践と、それを少し疑ってみる

ことに必要な、あなただけの
〈道具〉
〈方法〉
〈環境〉

を探るところから始まります。

まずは、
描写(ドローイングやレタリング)、
配置(紙上や空間上でのレイアウト)、
採集(フィールドワークやインタビュー)
などのワークショップを通して、
書くこと(設計と記述)と話すこと(発声とパフォーマンス)
の基礎代謝を上げていく。

全身を動かし、思考し、話し合いを重ねながら、
独自の〈道具〉の発見、〈方法〉の開拓、新たな〈環境〉づくり(あるいは破壊)
を探っていくと、自分だけの手癖や、モノを見る癖、コトを考える癖が顕在化してき
ます。

〈道具〉〈方法〉〈環境〉を探り当て、
手癖、見る癖、考える癖と向き合えたら、いよいよ実践編です。

「デザインってなんだろう?」という問いのもと、
スタディから導きだされたものを編集しながら、
グラフィック、テキスト、映像、写真、プロダクト、web、展覧会など、
ひとりひとりが対話の場としてのメディアを選択し、
設計と記述、発声とパフォーマンスの実践を行います。

ここでのデザイン成果は、教室内にとどめずに、
できるだけ多くのフィードバックが得られるよう、
実社会へアウトプットしていきます。
その過程や成果の内容に合わせてのアドバイス、ディスカッション、
ゲスト講師を招いての勉強会や講評会なども行います。

会社や事務所に入り、技術を習得しながら依頼主とのやり取りの中で、
実践的に社会にコミットしていくデザイナーの形、
キャリア当初から独立し、生活や仕事の方法や関係を
模索していくデザイナーの形、

まったく異なる職種から転職したり、
領域の異なる職能を横断することで、新たな地平を切り開く形など、
デザイナーの過程や実践はさまざまです。

でも、会社や事務所に入っていようがいまいが、学生だろうが巨匠だろうが、
共通して「デザインってなんだろう?」という問いは、
姿を変えながらいつも目の前に立ちはだかります。
その問いは、「自分ってなんだろう?」という問いと重なるほどに大きいものであり、
生モノです。

『デザインソングブックス』は、その生モノに取り組みながら、
独自の〈道具〉〈方法〉〈環境〉を探り、
書くこと(記述と設計)と話すこと(発声とパフォーマンス)、
デザインをするための過程から実践までを共有する場です。

年齢、経験不問です。ぜひご参加ください。 

 

講師プロフィール 


大原大次郎大原大次郎

1978年神奈川県生まれ、武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。タイポグラフィを基軸とし、音楽、書籍、空間、映像などにおけるデザインに従事するほか、展覧会やワークショップを通して、言葉と文字の新たな知覚を探るプロジェクトを展開する。近年のプロジェクトに、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉、ホンマタカシによる山岳写真と登山図を再構築した連作〈稜線〉、音楽家の蓮沼執太とイルリメと共に構成する音声記述パフォーマンス〈TypogRAPy〉などがある。受賞にJAGDA新人賞、東京TDC賞。 http://oharadaijiro.com

 

宮添浩司

1979年生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、BANG! Design,incを経てフリーランスに。エディトリアルを主軸に、紙媒体や、商業施設のサイン計画など、グラフィックデザイン全般に携わる。建築家滝口聡司と共にブックレーベル「aptp books」を主宰。http://kojimiyazoe.comhttps://aptp.jp/publishing/

 

本多伸二

1981年生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。デザイン事務所勤務を経て、2009年からフリーランスに。カタログ、ポスター、フライヤー、ミュージックビデオのタイトルや番組のデザインなどを手掛ける。本業の傍ら、サンプリングカルチャーへの偏愛を表したシルクスクリーンによるプロダクトを模索し展開中。http://hondamr.net

 

修了生による座談会


_MG_5923

――まずは、自己紹介をお願いします。

矢野 矢野華子です。2期生です。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の4年で、今は卒業制作を作っています。広告代理店に就職が決まっています。

平山 平山文子です。1期生です。受講当時は印刷会社でDTP制作をしていて、今は大原のところで働いています。

岡野 岡野乃里子です。2期生です。今はラッピング会社で商品企画をしています。

岡本 岡本沙智子です。3期生です。今はデザイン事務所のアシスタントとして働いています。

永島 永島誠記と言います。3期生です。受講時はちゃんとした仕事はしてなくて、たまにジャムを売ってたんですけど、来週からDIYの工房で働きます。

・・・続きを読む

 

【レポート】公開授業(ゲスト:菊地敦己)


12月10日、17日の2週にわたって開催される「デザインソングブックス」の公開授業。(公開授業詳細ページ)第1回目の授業は、デザインソングブックス講師大原大次郎によるオリエンテーション、第2回はゲストとしてアートディレクター・デザイナーの菊地敦己さんを迎えての特別講座を行います。

このレポートでは12月10日に開催された第1回目の様子をお届けします。

今回の公開授業は、菊地敦己さんがいらしてくださるこのチャンスをどのように生かしていくか、単に聴講や見学だけでない方法を探り、受講生によって企画されました。

《デザインソングブックス》では、講義のある毎週木曜日の3時間もさることながら、課題を持ち帰って、各自熟成させてくる授業と授業の間の1週間も、それぞれが苦しみながらも楽しんでいます。公開授業の参加者にも、菊地さんに来ていただく12月17日の3時間だけでなく、その前の週にオリエンテーションを設けることで、1週間《デザインソングブックス》をどっぷり体験してもらおうという試みです。

・・・続きを読む

 

 

授業見学お申込みフォーム


授業見学をご希望の方は以下のフォームに必要事項を入力し送信してください。担当者よりご案内のメールをお送りいたします。

お名前
必須

メールアドレス
必須

確認のため、もう一度入力してください。


希望日
必須

見学希望教程
必須

備考


*ご入力いただいたお客様の個人情報は、お客様の許可なく第三者に提供、開示することはいたしません。
*システム不具合によりフォームが正しく表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、美学校事務局までメールか電話でお申込みください。
*フォーム送信後、3日以内に事務局から返信のメールが届かなかった場合は、フォームが送信できていない可能性がありますので、お手数ですが美学校事務局までご連絡ください。

 

 

〈メディア表現〉
Hamada Kenichi

▷授業日:毎週土曜日 18:30〜21:30
モードを考えるところからスタートし、実際に服を作り上げるまでの授業です。何かを想像し考え、自分の中に入り込み転がり込んで出てゆく瞬間の表現手段が服であったなら、どのような作品が生まれるのかをテーマに授業を進めます。

▷授業日:毎週金曜日 19:30〜22:30
「演劇」は既成のイメージされているものよりも、本当はもっと可能性のあるものなんじゃないかと僕は思っています。それを確かめるためには、何と言われようとも、自分達の手で作ってみるしかありません。全ては集まった人達と出会うことから始めます。

Ohara Daijiro

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜22:00
『デザインソングブックス』は、その生モノに取り組みながら、独自の<ツール><方法><環境>を探り、書くこと(記述と設計)と話すこと(発声とパフォーマンス)、デザインをするための過程から実践までを共有する場です。年齢、経験不問です。ぜひご参加ください。

Nemoto Takashi

▷授業日:隔週月曜日 19:00〜22:00
「特殊漫画家」として、今日まで「何故食べてこられたか」その意識無意識のあいだを受講生の皆さんに語り、時に問いかけ、しばしば即興的に皆さんとラフに漫画を描きながら探っていきたいと思います。

Magic Kobayashi

▷授業日:毎週月曜日 19:00〜22:00
カウンターカルチャーから映画、マンガ、アニメーション、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、音楽、美術、工芸、民芸などなど美術に限らず様々なジャンルを横断しながら、共に観、共に考え、共につくり、現在の美術の「本質」を探っていきます。

Kishino Yuichi

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜21:30
ライブやDJイベント、インスタレーションなど様々なイベントを企画・宣伝・制作・開催することを実践しながら、体験としてその方法論や技術を学んでいきます。小規模な企画から始まり、一年かけて、大規模な企画の制作・実践へと進みます。