Menu

Home
【11/12】映画とサウンドデザイン論

【11/12】映画とサウンドデザイン論



映画のシーンを例に、そこに展開される音楽や音の意味をヲノサトル、岸野雄一が解説します。
 
既に作品作りの現場に関わる方には映画や映像作品、舞台におけるサウンドデザインのヒントに。
自主制作などをはじめたばかりで、音楽や音の取り扱いが不安な方には手掛かりになるかもしれません
また作り手ではない方には、大好きな映画の新たな魅力の発見につながるでしょう。
 
一緒に映画とサウンドデザインの創造性を楽しみましょう。

出 演:ヲノサトル、岸野雄一
日 程:2017年11月12日(日)
時 間:【開場】18:30【開演】19:00
参加費: 【予約】1000円/【当日】1200円/【美学校在校生】500円
場 所:美学校 本校(地図
    東京都千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル3F

※美学校受講生はお申し込みの際備考欄に受講講座名を記入してください


出演者プロフィール

 

ヲノサトル


http://www.wonosatoru.com

現代音楽からポップスまで幅広く活動する作曲家、音楽家。ソロ活動以外にも芸術ユニット「明和電機」ダンスカンパニー「Co.山田うん」ムード音楽バンド「ブラックベルベッツ」など様々なプロジェクトに参加。またCM「キリン一番搾り」TV「あたしんち」「みいつけた」映画「無問題2」など映像音楽の制作も多数。現在、多摩美術大学美術学部教授として「映像論」「サウンドデザイン論」などの講義や演習を担当している。

 

岸野雄一

音楽家、オーガナイザー、著述家など、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗り活動中。自身のレーベル“Out One Disc”では、OORUTAICHIやGangpol & Mitなど個性豊かなアーティストをプロデュース。また、Max Tundra日本ツアーのアテンドをつとめるなど、常に革新的な『場』を模索している。

 

 

 

「映画とサウンドデザイン論」申込みフォーム


予約は締め切りました

*ご入力いただいた個人情報は、受付手続きの目的以外で使用することはありません。また、許可なく第三者に提供、開示することはいたしません。
*フォーム送信後、三日以内に申込み完了のメールが届かなかった場合は、フォームが送信できていない可能性がありますので、お手数ですが美学校事務局までご連絡ください。

 

〈DTM〉
numb

▷授業日:不定火曜日 19:00〜21:30
DTMによる音楽制作を総合的に学ぶ講座です。シンセサイザーの音作りからビート打ち込みテクニック、サウンドをケアするためのミックスダウンに至るまで、自分の音源をプロのクオリティに近づけていくためのスキルを、一年かけて鍛えていきます。

Nakamura Kosuke

▷授業日:隔週金曜日 19:00〜21:30
音楽作品をデザインしていくための『録音』『ミックス』『マスタリング』の知識とスキルを基礎から学ぶ講座です。自分の音楽作品を創る上で、音の入り口から出口までを、トータルで高いクオリティで仕上げるための技術を身につけます。

Yokogawa Tadahiko

▷授業日:隔週月曜日 19:00〜21:30
アーティストとして作品を世に出していくために、自分の表現の幅を広げ、オリジナリティを掘り下げていくためのゼミナールです。自分の作品の強みは何か?アーティストとしての個性を模索しながら、一年かけて自分の作品をまとめたアルバムをつくることが目標となります。