Menu

Home
講座一覧
魁!打ち込み道場 numb + ゲスト講師

魁!打ち込み道場 numb + ゲスト講師



定員 12 名
第3、第4火曜日:午後7時~午後9時30分 (※5週までの月は第4、第5火曜となります)
学費:170,000 円 教程維持費:10,000円(年額)


打ち込み道場

サウンドデザインとシンセシス、プロダクションテクニック

エレクトロニック・ミュージックを中心に、DTMによる音楽制作を総合的に学ぶ講座です。

 

・ミックス/サウンドデザイン
パンチのある低音から抜けの良い高音まで、現代的なエレクトロニック・ミュージックを作る上で必要とされるサウンドデザインのスキルを学んでいきます。『良い音』を作る上で助けになる様々なプラグインを紹介、実際に使用しながら、如何にしてカッコいいサウンドを作っていくかを実践します。

 

・シンセサイザー
フリーで使えるシンプルなものから始め、まずは基本的な構造をしっかり理解していきます。基本理解が深まったら、Native Instruments ReaktorMassiveなど複雑なシンセの使い方、実際の楽曲を参照しつつ様々なサウンドマテリアルを作るなど、応用的な内容に進みます。『この楽曲のこのサウンドはどのようにして作られているのか?』しっかり構造から理解しつつサウンドを作っていくことで、様々なシチュエーションに応用可能なスキルを身につけることが目標となります。※受講生のレベルや理解度によって授業進行スピードを調整します。

 

・ライブ実習
クラスのアウトプットとして、中目黒solfaなど、外部スペースを使ったライブ実習を予定しています。裏方志向の方も、実際にクラブ環境でのライブを経験しておくことで、出音への意識は確実に高まります。

 

また、各方面からアーティストをゲスト講師に招いた授業も予定しています。常に現在進行のサウンドを模索します。

ジャンルの細分化が著しいエレクトロニック・ミュージックですが、あらゆる方面に応用可能な、プロフェッショナルなクオリティに必要不可欠なスキルを一年かけて鍛えます。

 

授業内容


2015-11-01 19.17.14

  • シンセサイザーの概要
  • シンセシス・テクニック(Native Instruments Reaktor、Massive等を用いた実習)
  • サンプリング・テクニック(Native Instruments Battery等を用いた実習)
  • 様々なサウンド・デザイン
  • ミックス
  • DAWのスキルやミックスダウンのテクニック
  • Native Instruments Reaktor等のモジュラー・ソフトウェア・シンセサイザーについて
  • コントローラー等のエレクトロニック・デバイスについて
  • ラップトップ等のエレクトロニック・デバイスを使用したライブ・パフォーマンスについて

 

 

スピンオフ企画『爆音ワークショップ』


本講座の特別授業として行われた、ゲスト講師を招いての『爆音ワークショップ』の模様です。
下北沢ERA、恵比寿KATA、Red Bull Studio、Dommuneなど、様々なスペースを利用して、爆音によるDTM講座を開催しました。
過去のゲスト講師:O.N.O(Tha Blue Herb)、Seiho、agraph(牛尾憲輔)、Goth-Trad、tofubeats、Koichi Shimizu、Dadub

 

講師プロフィール


numb

numb

HipHop グループ“Buddah Brand”のマニピュレーターとしてキャリアをスタート。90年代後半より、シンセサイザーやコントローラー等のエレクトロニック・デバイスやラップトップを用いた演奏活動を数多く行っている。国内エレクトロニック・ミュージックの立役者として、その黎明期から今日まで活躍。

 

 

修了生座談会


文・写真=木村奈緒

美学校には30を超える講座や研究室があり、ジャンルも現代美術・版画・写真・ファッション、演劇・映像……と多岐にわたります。近年は、打ち込み・作曲・レコーディングなど、音楽系の講座も充実しており、音楽を志す人たちも多く集まる美学校。ということで、今回は音楽講座の修了生の方々にお集まりいただき、美学校で音楽を学ぼうと思った理由、現在の活動などについてお話を聞きました。

―まずは、自己紹介をお願いします。

伊永 伊永です。「レコーディングコース・プレミアム」(講師:中村公輔)を受講していました。今はスタジオでレコーディング・エンジニアのアシスタントとして働いています。

瀬尾 瀬尾と申します。2003年に「楽理基礎科」(講師:菊地成孔)を受講していて、そのあとも「魁!打ち込み道場」(講師:numb)やワークショップを受講したりしています。普段はフリーランスでIT系の仕事をしていて、音楽が専門ではないんですけど、仕事の流れで曲を作ったり、楽器のアプリケーションを作ったりもしています。

山下 山下です。「同人音楽」と呼ばれるジャンルの曲を作っていて、コミックマーケットなどでDJ Technorch という名前でCDを売って活動しています。音楽講座が映画美学校にあった2008年ごろ(※1)、映画コースの生徒さんがインディーズ音楽についてのドキュメンタリーを撮りたいということで取材を受けて、その時に「僕が通っている学校に菊地成孔さんたちが講師をしている講座があるんですよ」と教えていただいたんです。菊地さんのお名前は以前から知っていたので、ぜひ習いたいと思って09年から受講しはじめました。・・・続きを読む

 

この教程に受講を申込む

 

 

〈DTM〉
numb

▷授業日:不定火曜日 19:00〜21:30
DTMによる音楽制作を総合的に学ぶ講座です。シンセサイザーの音作りからビート打ち込みテクニック、サウンドをケアするためのミックスダウンに至るまで、自分の音源をプロのクオリティに近づけていくためのスキルを、一年かけて鍛えていきます。

Nakamura Kosuke

▷授業日:隔週金曜日 19:00〜21:30
音楽作品をデザインしていくための『録音』『ミックス』『マスタリング』の知識とスキルを基礎から学ぶ講座です。自分の音楽作品を創る上で、音の入り口から出口までを、トータルで高いクオリティで仕上げるための技術を身につけます。

Yokogawa Tadahiko

▷授業日:隔週月曜日 19:00〜21:30
アーティストとして作品を世に出していくために、自分の表現の幅を広げ、オリジナリティを掘り下げていくためのゼミナールです。自分の作品の強みは何か?アーティストとしての個性を模索しながら、一年かけて自分の作品をまとめたアルバムをつくることが目標となります。