Menu

Home
講座一覧
講師一覧

講師一覧

 

絵画


■ 造形基礎I 鍋田庸男

NabetaTsuneo

1972年関西美術院油絵科卒業。1978年美学校石版画工房修了。1990年~美学校造形基礎講師。1982年より個展画廊春秋、AXISギャラリー・アネックス、NWハウス他。グループ展多数。 


■ 細密画教場 田嶋徹

1969年東京生まれ。1987年美学校細密画教場に学び絵を描き始める。1991年より個展。彩林堂画廊、ギャラリーアートもりもと他グループ展多数。2001年より美学校細密画教場講師。


■ 生涯ドローイングセミナー 宮嶋葉一+OJUN

宮嶋葉一 

画家。1954年大阪府生まれ。1982年東京藝術大学大学院美術研究科油画修士課程修了。1988-98年ドイツ・デュッセルドルフ滞在。具体的な対象をモティーフに簡略化された線と強いストローク、対象に意味を持たせないスタイルが特徴。簡素化された構造と内包するユーモアのセンスが楽しめる作品を一貫して制作。

 

 OJUN

1956年東京都生まれ。1982年東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修士修了。1984-85年スペイン・バルセロナ滞在。1990-94年ドイツ・デュッセルドルフ滞在。絵画・ドローイング・版画と、さまざまな媒体の平面作品を制作し、身の回りの日常的な対象を自身の視点で新鮮に捉え、その絶妙な線や色、空間は、見る者に新たな視点を与える。


■ 超・日本画ゼミ 間島秀徳+小金沢智+後藤秀聖

間島秀徳

間島秀徳

1960年茨城県生まれ。1986年東京藝術大学大学院美術研究科日本画修士課程修了。2000-2001年フィラデルフィア、ニューヨークに滞在。水と身体の関わりをテーマに、国内外の美術館から五浦の六角堂、二条城、清水寺、泉涌寺に至るまで、様々な場所で作品を発表。

 

小金沢智

小金沢智

1982年、群馬県生まれ。2008年3月、明治学院大学大学院文学研究科芸術学専攻博士前期過程修了。世田谷美術館非常勤学芸員を経て、現在、明治学院大学文学部芸術学科非常勤講師など。日本近現代美術史を専門とし、展覧会の企画や執筆を通して、美術史と現在の表現との接点と接続の可能性を探っている。


 

版画/写真


■ シルクスクリーン工房 松村宏

1978・79年美学校シルクスクリーン工房にて修業。1980年久利屋グラフィック設立。日仏会館ポスターシリーズの制作に携わり、150作家300エディションを制作(~2001年)。1994年より美学校シルクスクリーン工房講師。1998年より沖縄県立芸術大学非常勤講師。


■ 石版画工房 佐々木良枝+増山吉明

佐々木良枝 

1949年大分県生まれ。1971年明治大学文学部卒業。1978年美学校阿部浩石版画工房にて学ぶ。1984年より個展活動開始。銀座画廊春秋、ぎゃらりいセンターポイント、大分えだ画廊他、グループ展多数。2002年より美学校石版画講師。

 

増山吉明

桑沢デザイン研究所卒業。個展 1996,97,98,00年ギャラリー代々木(東京)、2004年ギャラリーハーフノート(東京)他。グループ展 2002年ELEMENT展(東京)、2002年新跳躍展(韓国)、2003年マメホンマンボ展(東京)、2006年互通展(中国)他。


■ 銅版画工房 上原修一

1963年長野県生まれ。2000年第5回さっぽろ国際版画ビエンナーレ展。2005年第3回山本鼎版画大賞展。2007年PRINTS TOKYO 2007、あおもり国際版画トリエンナーレ2007。2008年11月第4回山本鼎版画大賞展(上田市長賞)。2010年「第7回 大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ展」(池田満寿夫大賞)。


■ 版表現実験工房 清野耕一

1957年東京都生まれ。1980年早稲田大学社会科学部卒業。1992年美学校銅版画工房修了。2002-03年文化庁派遣芸術家在外研修(カナダ・カルガリー大学にて研究活動)。2011年第8回高知国際版画トリエンナーレ展にて優秀賞受賞。その他、日本国内だけでなく、ヨーロッパ・北米にて、個展や国際的グループ展に多数出品する。


■ 写真工房 西村陽一郎

1967年東京生まれ。美学校で写真を学び、撮影助手を経て1990年に独立。モノクロのフォトグラムを中心に、植物や水、昆虫、ヌードなどをモチーフとした作品を発表している。期待される若手写真家20人展、ヤング・ポートフォリオ展、’99 EPSON Color Imaging CONTEST、PHILIP MORRIS ART AWARD 2000、TPCCチャレンジ、2003京展などに入選。


 

現代美術


■ アートのレシピ 松蔭浩之+三田村光土里

松蔭浩之

現代美術家。1965年福岡県生まれ。1988年大阪芸術大学写真学科卒業。1990年アートユニット「コンプレッソ・プラスティコ」でベネチア・ビエンナーレに世界最年少で出展以降、写真家、アートディレクター、空間デザイナー、ライター、俳優など多岐に渡り活動。2006年シンガポール・ビエンナーレ出展。現代美術家集団「昭和40年会」では会長を務める。

 

Mitamura Midori

三田村光土里

1964年愛知生まれ。東京在住。2005年、文化庁海外派遣芸術家(フィンランド)。日常の記憶を題材に、写真、映像、言葉、日用品など様々な材料を組み合わせ、「人が足を踏み入れられる三次元のドラマ」と称するインスタレーションを展開する。近年の主な展覧会に、「そらいろユートピア」(十和田市現代美術館、青森、2014)、「虹の彼方―こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行―」(府中市美術館、東京、2012-2013)、個展「夜明けまえ」(GALLERY TERRA TOKYO、東京、2013)などがある。また、ライフワークとして滞在型アートプロジェクト「Art & Breakfast」を世界各地で開催している。


■ ビジュアル・コミュニケーション・ラボ 斎藤美奈子

東京生まれ。1988年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。1992-95ニューヨーク滞在。2002-03文化庁派遣芸術家在外研修にてベルリン、キールに滞在。2005年アーティスト・イン・レジデンス“Culture Study Wien”にてウィーン滞在。自身の記憶を原体験とし、鑑賞者の記憶に語りかけてくるような風景を写真や映像により表現している。


■ 映像表現の可能性 倉重迅+田中偉一郎+阿部謙一

倉重迅

アーティスト。1975年神奈川県生まれ。フランス国立高等芸術大学マルセイユ(ボ・ザール)D.N.S.E.P課程修了。シドニービエンナーレ、笑い展(森美術館)、one fine day(サムソン美術館、韓国)など、国内外の展覧会に参加。近年は、CMやPV、TVなど、アートとは異なる環境の中で映像制作にも携わっている。

 

田中偉一郎

1974年生まれ、うお座、B型、現代美術作家。2011年個展「平和趣味」など、2000年以降、作品を発表しつづけている。「六本木クロッシング 2007」にてオーディエンス賞を獲得。著書に『スーパーふろくブック』(コクヨ)、『やっつけメーキング』(美術出版社)がある。「フォークデュオ永田」「日にちの歌」「ノーメッセージマン」などの音楽パフォーマンスもしており、その活動は、広く、浅い。

 

阿部謙一

1969年仙台生まれ。出版社勤務後、2007年からフリー。現代美術を中心に、作品集や展覧会図録、評論、雑誌記事などの編集・執筆を行う。Chim↑Pomとの共編著に『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』があり、他に会田誠、小谷元彦、ヨーゼフ・ボイスなどの展覧会関連書を編集した。


■ 未来美術専門学校アート科 遠藤一郎

1979年、静岡県生まれ。未来美術家、island JAPANプロデューサー、多摩川カジュアルデザイナー、DJ。 車体に大きく「未来へ」と描かれた、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』で車上生活をしながら全国各地を走り、「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続ける。 アートイベントで展示やパフォーマンスを行うほか、現在、凧あげプロジェクト「未来龍大空凧」を各地で開催。2012年から、日本列島にメッセージを描くプロジェクト「RAINBOW JAPAN」を立ち上げ、日本列島を縦断、日本全体を勇気づけるメッセージを描く。 主な参加イベントに「別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界」わくわく混浴アパートメント、「TWIST and SHOUT Contemporary Art from Japan」BACC(バンコク)、「愛と平和と未来のために」(水戸芸術館)「六本木アートナイト2012」(六本木ヒルズアリーナ)他。2008年から『美術手帖』(美術出版社)連載。


■ 外道ノスゝメ 松田修+古藤寛也

松田修

1979年生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。映像、立体、絵画とジャンルを問わず 様々な技法や素材を駆使し、社会に沈潜する様々な問題を浮上させる作品を制作。
主な個展に、ニコイチ!(2012/無人島プロダクション)、PARAdiselost,PARAdise (2014/無人島プロダクション)、亡者の行進 (2014/ARTSPACE ZERO-ONE)。他に、DVD作品ガタピシ!や劇団ミナモザへのオープニングムービー制作、バロセロナで行われたThe Influencers festival 2014のトレーラーへの映像提供など、幅広い分野で活動中。

 

古藤寛也

古藤寛也

1974年生まれ千葉県出身
プロデューサー
DOMMUNEで配信されている超前衛偉人列伝プログラム『超前衛鼎談』の企画・構成や篠原有司男「芸術の力が世界を変える」展、「BETTER NEVER THAN LATE」展などのプロデュースを行なっている。


 

メディア表現


■ モード研究室 濱田謙一

1967年東京都生まれ。1988年東京デザイナー学院卒業。PASHU、丸紅、COMME des GARÇONSを経て現在フリー。映画、舞台、CM、衣装デザイン制作多数。東京を中心に、パリ、横浜等にて個展、グループ展。2010年ロシアモード誌にファッション論を連載、美学校も紹介される。 


■ 絵と美と画と術 観る≧つくる マジック・コバヤシ(+佐藤直樹+都築潤+小田島等+池田晶紀+水野健一郎)

マジック・コバヤシ

1969年長野県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。株式会社メイウェルにグラフィックデザイナーとして入社。後に横尾忠則氏と石川次郎氏のデザイン事務所株式会社スタジオ・マジック設立に参加。1999年よりフリーランス。写真とグラフィックデザインを軸に、インスタレーション、執筆、スパイス料理研究、その他企画、など表現方法を限定することなく活動を続けている。

 

佐藤直樹

1961年東京都生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。肉体労働から編集までの種々様々な職業を経験した後、1994年、『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターに就任。1998年、アジール・デザイン(現Asyl)設立。2003~10年、「合法的なスクウォッタリング」を謳ったアート・デザイン・建築の複合イベント「セントラルイースト東京(CET)」をプロデュース。2010年、アートセンター「アーツ千代田 3331」の立ち上げに参画。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。2012年からスタートしたアートプロジェクト「トランスアーツ東京(TAT)」を機に絵画制作へと重心を移し、「大館・北秋田芸術祭2014」などにも参加。札幌国際芸術祭2017バンドメンバー(デザインプロジェクト担当)。3331デザインディレクター。多摩美術大学教授。http://satonaoki.jp/

 

都築潤

1962年東京生まれ。1986年武蔵野美術大学デザイン科卒業。1993年四谷イメージフォーラム中退。1987年ザ・チョイス年度賞優秀賞。2000年毎日広告賞部門賞。2004年TIAA銅賞、カンヌ国際広告祭銀賞。2005年アジアパシフィック広告祭銀賞、TIAA銀賞、ニューヨーク One Show,Festival, Cresta等でファイナリスト。

 

小田島等

1972年東京生まれ。イラストレーター/デザイナー。1995年よりCDジャケット、書籍、広告物のデザイン、アート・ディレクションを多数手がける。近年では展示活動にも力を入れている。近著にデザイン&イラスト作品集「ANONYMOUS POP」がある。

 

池田晶紀

1978年横浜生まれ。1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ「休日の写真館」の制作・発表を始める。2006写真事務所「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。

 

水野健一郎

1967年岐阜県生まれ。アーティスト。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、自身の原風景の形成に大きな影響を与えたテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。BEAMSより、作品集『Funny Crash』、『KATHY’s “New Dimension”』を刊行。映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。


■ 実作講座「演劇 似て非なるもの」 生西康典

生西康典

演出家/美術家/映像作家
さまざまな領域の作家たちと広範な活動を展開しており、近年は演劇とインスタレーションの狭間にあるような作品を送り出している。『風には過去も未来もない』『夢よりも少し長い夢』(2015、東京都現代美術館『山口小夜子 未来を着る人』展)、『瞬きのあいだ、すべての夢はやさしい』(2014、MAKII MASARU FINE ARTS)、『おかえりなさい、うた Dusty Voices , Sound of Stars』(2010、東京都写真美術館『第2回恵比寿映像祭 歌をさがして』)など。


■ イベント・プロデュース講座 岸野雄一

音楽家、オーガナイザー、著述家など、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗り活動中。自身のレーベル“Out One Disc”では、OORUTAICHIやGangpol & Mitなど個性豊かなアーティストをプロデュース。アーティストとしては、音楽劇『正しい数の数え方』で2015年度文化庁メディア芸術祭エンタテインメント部門で大賞を受賞。近年では、都内コンビニにDJブースを持ち込んだ『レコードコンビニ』プロジェクトが話題を呼んでいる。


■ デザインソングブックス 大原大次郎+宮添浩司+本多伸二

大原大次郎

武蔵野美術大学基礎デザイン学科を卒業後、デザイン事務所「omomma」を設立。タイポグラフィを基軸とし、出版、CI、宣伝美術、パッケージデザイン等に従事するほか、展覧会やークショップを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るデザインプロジェクトを多数展開する。近年のプロジェクトに、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉や、山岳写真と登山図を再構築したグラフィック連作〈稜線〉などがある。2014年JAGDA 新人賞、東京TDC賞受賞。 http://omomma.in/

 

宮添浩司

武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、BANG! Design,incへ入社。退社後、エディトリアルを中心に印刷物全般、飲食・書店などの店舗ツール/サイン計画など、グラフィック表現を生業に。並行して、ファッションブランドrikolektとの共同出版レーベル「branco press」運営、3歳から小学生を対象にした美術教室サポートやワークショップの開催など。http://kojimiyazoe.com

 

本多伸二

グラフィックデザイナー。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。デザイン事務所勤務を経て、2009年からフリーランスに。デジタル、アナログ手法を問わずタイポグラフィを基本にグラフィックを構成する。カタログ、ポスター、フライヤーなど主に紙媒体でデザインを生業としている。最近ではミュージックビデオのタイトルや番組のデザイン、映画の題字など、映像作品のデザインも手掛ける。現在Tシャツレーベルを立ち上げ中。http://hondamr.net


■ 超芸術漫画講座 長尾謙一郎

長尾謙一郎

漫画家
72年愛知生まれ。
CDジャケットデザイン、本装丁、ミュージックビデオなどの映像製作、文筆、音楽、パフォーマンスなど多岐にわたる。
代表作『おしゃれ手帖』『ギャラクシー銀座』『PUNK』『クリームソーダシティ』など。


 

作曲


■ 楽理基礎科 菊地成孔

東京ジャズシーンのミュージシャンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル超越的な活動を展開。音楽、映画、服飾、食文化、格闘技など、その対象は多岐に渡る。音楽講師としては、東京大学、国立音楽大学、東京芸術大学、慶応義塾大学でも教鞭を執る(04年~09年)。 


■ 作曲演習 高山博

作曲家としては、NHK銀河テレビ小説『妻』、TV朝日 『題名のない音楽会』(出演)、国際交流基金委嘱『ボロブドゥールの嵐』、香川県芸術祭『南風の祭礼』、自らのバンドCharisma『邂逅』(キングレコード)など、イベント、放送、CD作品など多岐にわたる。 執筆では、『ポピュラー音楽作曲のための旋律法』『ビートルズの作曲法』などの、音楽理論書や、 『Pro Tools 11 Software徹底操作ガイド』『Logic Pro X for Macintosh徹底操作ガイド』などのDAWのテクニカルな解説など、音楽雑誌でも健筆をふるう。 東京藝術大学大学院非常勤講師。


 

DTM


■ 魁!打ち込み道場 numb

HipHop グループ“Buddah Brand”のマニピュレーターとしてキャリアをスタート。90年代後半より、シンセサイザーやコントローラー等のエレクトロニック・デバイスやラップトップを用いた演奏活動を数多く行っている。国内エレクトロニック・ミュージックの立役者として、その黎明期から今日まで活躍。


■ レコーディングコース・プレミアム 中村公輔

サウンドデザイナーとして、Kangaroo Paw、Bootles、繭、Neina 等の名義で活躍。ミキサー、アレンジャー、エンジニアとしては、toe、dill、Natural Punch Dranker、フルカワミキ、AUTOPILOT、REACH、Back Drop Bomb など、ジャンルレスに数多くのアーティストを手がけている。 


■ サウンドプロダクション・ゼミ 横川理彦

作編曲、演奏家。80年に京都大学文学部哲学科を卒業後、本格的な演奏活動に入る。4-D、P-Model、After Dinner、Metrofarce、Meatopia等に参加。電子楽器と各種生楽器を併用する独自のスタイルに至る。海外でのコンサート・プロジェクトも多数。現在は、即興を中心としたライブ活動などのほか、演劇・ダンスのための音楽制作など多方面で活動中。また、コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。ヨーロッパ、アフリカ、アラブ、日本と、世界中の音楽のDNAを徹底的に研究し、自身の作品に貪欲に取り入れる。


 

研究室


■ 中ザワヒデキ文献研究 中ザワヒデキ

日本人男性美術家。1963年新潟生まれ。千葉大学医学部卒。1983-1989年、アクリル絵画。1990-1996年、バカCG。1997-2005年、方法絵画。2006-2009年、本格絵画。2010年以降、新・方法。宣言「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」。著書『近代美術史テキスト』『西洋画人列伝』『現代美術史日本篇』。特許「三次元グラフィックス編集装置」「造形装置および方法」。CD「中ザワヒデキ音楽作品集」。 


■ 美楽塾 JINMO

書家を母に持ち、幼少期から書を始める。絵画、書、コンピュータ・グラフィックス、アニメーション等、表現のメディアやジャンルに拘らない視覚芸術を創出する一方、ギター奏者としても活動。国内はもとより海外で数百回に及ぶ公演をおこなっている。また、『ギター・マガジン』にコラムを連載するなど、多方面に活躍する。 


■ 映像音響論 岸野雄一

音楽家、オーガナイザー、著述家など、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗り活動中。自身のレーベル“Out One Disc”では、OORUTAICHIやGangpol & Mitなど個性豊かなアーティストをプロデュース。アーティストとしては、音楽劇『正しい数の数え方』で2015年度文化庁メディア芸術祭エンタテインメ ント部門で大賞を受賞。近年では、都内コンビニにDJブースを持ち込んだ『レコードコンビニ』プロジェクトが話題を呼んでいる。