自分を越えた作品を計画的につくる方法と発表の実践 修了展 櫛占采、こいけようこ、NIL

2024年4月25日(木)〜27日(土)



2023年度「自分を越えた作品を計画的につくる方法と発表の実践」の受講生3名による修了展が美学校本校にて開催されます。ぜひご来場下さい。


「産屋」櫛占采、「optimum」こいけようこ、「」NIL

会 期:2024年4月25日(木)〜27日(土)
時 間:4/25(木)17:00〜20:00
    4/26(金)14:00〜19:00
    4/27(土)11:00〜18:00
会 場:美学校 本校 3階(地図
     東京都千代田区神田神保町2-20第二富士ビル3F

「産屋」櫛占采

「出産」や「死」、「性的なるもの」…、生き物の本来逃れられない摂理は、人間社会にとっては多くは秘められたものとして扱われます。
しかしそこで秘められているものは、とても重要な事柄であり生命のDNAに組み込まれている本能的なものでもあります。
「大切なことは小さな声で語られる」という言葉がさすように、夜のような暗闇で囁かれる「小さな音」は、聞き逃してはいけない
とても根源的な声なのかもしれません。
今回はその「小さな音」をテーマに、インスタレーションや絵画、映像などの展示を行います。

櫛占采
1985年神奈川県生まれ
自らのパーソナルスペースに転がる、様々な事象や記憶などから着想を得て制作を続ける。
「自分」と「他者」、「家」と「外」、「現実」と「夢」など、内側と外側の境界線を行き来する意識について多種多様な手法でアプローチを続けている。

「optimum」こいけようこ

あらわれてくるプロセスを息を吞んで眺め
そのどこかでサッと切り上げる

こいけようこ
ダンサー・振付家として国内外の数々の舞台で活動後、現代アートを学ぶ。作品となる前のプロセスや、わからなさとじっくり向き合いながら、「何を」ではなく「いかに」から世界に関わることを模索中。

「」NIL

本文テキスト

NIL

プロフィールテキスト


自分を越えた作品を 計画的につくる方法と発表の実践 岸井大輔 岸井大輔

▷授業日:隔週金曜日 13:00〜17:00

この講座では創作法を一緒にいくつか試して、それぞれが思いもしなかった新しい作品作りにトライしてみます。創作法を理解して応用できるようにし、最終的には作品を発表することがこの講座の目標です。