Menu

Home
講座一覧
みる、はなす、つくる。(鑑賞、批評、制作。) マジック・コバヤシ

みる、はなす、つくる。(鑑賞、批評、制作。) マジック・コバヤシ



定員 12 名
毎週月曜日:午後7時~午後10時
学費:330,000 円 教程維持費:10,000 円(通額)
開催教室:本校


わたしたちは曖昧な言葉を不安定な定義のまま使いすぎてはいまいか。

芸術、アート、ファインアート、コンテンポラリーアート、コンセプチュアルアートなど現在乱用される言葉の前に、まず「美術」でありたい。現在のアートは乱暴に言うなら必ずしも美しい必要はなく鑑賞者を不安や不快にさせてもなお成立する社会的な概念である。じつは美術もその中に属するのだが絶対条件が真逆であり、まず「美しくあること」が重要であると考える。

「現代美術」と芸術、アートも混同して使われているがこれもまた、美術と言いながら必ずしも美しいわけではない。

普遍的な美しさを追求する。視覚のみならず思考や理念まで。

繰り返し言う。私が志すものは横文字のアートではなく美術だと。理屈抜きで瞬間的に心奪われるような美。それは生き様なのかもしれないし、そこから切り離された強度の高い作品かもしれない。今の日本において、美しいとはなにか?

この講座は主宰のマジック・コバヤシが11年間この「美」学校にて参加継続してきた「絵と美と画と術」の講座を通して考えたことをもとに、現在までにコバヤシが体験してきた現代日本における政治経済やデザインや美術を軸にして、現在の美術(業界の話ではなく)の「本質」を探ることを目的としています。

そのためにはまず「よく観る(鑑賞)」そして「考える/話す(批評)」ことが必要である。その先に「つくる(実践/制作)」があるのだ。と仮定します。さらに言うなら「観せる」から「取り引きされる」までが現在の超高度経済社会における美術です。

別の言い方をするなら「リテラシー、コミュニケーション、ライフワーク」。既存の価値を享受し、それを味わい吟味し、新しい価値の創出をする。

当講座はカウンターカルチャーから映画、マンガ、アニメーション、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、音楽、美術、工芸、民芸などなど既存ジャンルに囚われず横断的に近代から現在(主に1950年代以降)までの日本社会や世界の美術を考察します。それらを共有するとたとえ制作に至らなくても今までの生活がそれ以前と違う豊かな価値観で捉えられるようになるはず、そして制作を続けたい者にとってはそれが「継続させるヒント」となるはずです。

すでに価値が確定しているものを読み解き自らの実践を通して共に学ぶ。

いまや中年期となった(まだ若いつもりの)コバヤシはさまざまな世代から「今」を引き出し共有し断絶した「世代感」ではなく同時代を生きる「時代感」をトップダウン形式の教育ではないカタチで醸成したいと考えています。「絵と美と画と術」に引き続き、時に酒を交えながら(もちろん未成年には絶対呑ませません)、そして冬場は鍋を囲みながら。この考えになにかしら共感を持った同志を歓迎します。美とはなにか? いまだ確固たる答えは持っていませんが、共に観、共に考え、共につくり続けましょう。

 

授業内容


5月 徹底自己紹介 マッピング発表
6月 美術と芸術 絵画と写真 世界と日本
7月 近代美術から現代美術へ 社会と経済 60年以降カウンターカルチャーから現在
9月 アニメーションと美術 エンタメとアート
10月 イラストレーションと広告美術と近代絵画
11月 デザインからみるアート
12月 習作と作品 実習
1月〜3月 徹底制作〜展示、発表の実践へ

 

 

講師プロフィール


マジック・コバヤシ

20年余のグラフィックデザイナー経歴を経て現在は写真家、料理人、美術展示企画及びキュレーター、執筆、美学校講師など複数のライフワークを並行しながらメディアに囚われない自由な制作を続けている。最新作は江戸末期頃のヘタうま絵 蕎麦猪口染付を呉須で写したもの。2019年末より浅草吉原にてギャラリーとスパイス料理に特化した未曾有のスペース「P」を運営する。

 

 

予定ゲスト講師


佐藤直樹

1961年東京都生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。肉体労働から編集までの様々な職業を経験した後、1994年、『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターに就任。2012年、アートプロジェクト「トランスアーツ東京(TAT)」参加を機に絵画制作へと重心を移す。札幌国際芸術祭2017バンドメンバー。3331デザインディレクター。多摩美術大学教授。著書『無くならない─アートとデザインの間』(晶文社)、画集『秘境の東京、そこで生えている』(東京キララ社)など。http://satonaoki.jp/

 

都築潤

1962年東京生まれ。1986年武蔵野美術大学デザイン科卒業。1993年四谷イメージフォーラム中退。1987年ザ・チョイス年度賞優秀賞。2000年毎日広告賞部門賞。2004年TIAA銅賞、カンヌ国際広告祭銀賞。2005年アジアパシフィック広告祭銀賞、TIAA銀賞、ニューヨーク One Show,Festival, Cresta等でファイナリスト。http://www.jti.ne.jp/

 

小田島等

小田島等

1972年東京生まれ。イラストレーター/デザイナー。1995年よりCDジャケット、書籍、広告物のデザイン、アート・ディレクションを多数手がける。近年では展示活動にも力を入れている。近著にデザイン&イラスト作品集「ANONYMOUS POP」がある。

 

Ikeda Masanori

池田晶紀

1978年横浜生まれ。1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ「休日の写真館」の制作・発表を始める。2006年写真事務所「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。http://yukaistudio.com/

 

水野健一郎

1967年岐阜県生まれ。アーティスト。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、自身の原風景の形成に大きな影響を与えたテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。http://kenichiromizuno.blogspot.jp/

 

 

 

この教程に受講を申込む

 

 

〈メディア表現〉
Hamada Kenichi

▷授業日:毎週土曜日 18:30〜21:30
モードを考えるところからスタートし、実際に服を作り上げるまでの授業です。何かを想像し考え、自分の中に入り込み転がり込んで出てゆく瞬間の表現手段が服であったなら、どのような作品が生まれるのかをテーマに授業を進めます。

▷授業日:毎週金曜日 19:30〜22:30
「演劇」は既成のイメージされているものよりも、本当はもっと可能性のあるものなんじゃないかと僕は思っています。それを確かめるためには、何と言われようとも、自分達の手で作ってみるしかありません。全ては集まった人達と出会うことから始めます。

Ohara Daijiro

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜22:00
『デザインソングブックス』は、その生モノに取り組みながら、独自の<ツール><方法><環境>を探り、書くこと(記述と設計)と話すこと(発声とパフォーマンス)、デザインをするための過程から実践までを共有する場です。年齢、経験不問です。ぜひご参加ください。

Nemoto Takashi

▷授業日:隔週月曜日 19:00〜22:00
「特殊漫画家」として、今日まで「何故食べてこられたか」その意識無意識のあいだを受講生の皆さんに語り、時に問いかけ、しばしば即興的に皆さんとラフに漫画を描きながら探っていきたいと思います。

Magic Kobayashi

▷授業日:毎週月曜日 19:00〜22:00
カウンターカルチャーから映画、マンガ、アニメーション、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、音楽、美術、工芸、民芸などなど美術に限らず様々なジャンルを横断しながら、共に観、共に考え、共につくり、現在の美術の「本質」を探っていきます。

Kishino Yuichi

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜21:30
ライブやDJイベント、インスタレーションなど様々なイベントを企画・宣伝・制作・開催することを実践しながら、体験としてその方法論や技術を学んでいきます。小規模な企画から始まり、一年かけて、大規模な企画の制作・実践へと進みます。