Menu

Home
【夏期講座】DJ TECHNORCHのテクノゼミナール

【夏期講座】DJ TECHNORCHのテクノゼミナール



※定員に達しましたので、キャンセル待ちでのご案内となります(6/21)

トランス/ダブステップ/ハードダンス/ハードコアテクノ等、常に流行に左右され続ける“JUNK”なダンスミュージックのDTM制作を目的とする授業です。

短期講座ながら(少なくとも)お盆に空く大きな数週間の休みでは一度実作課題をもうけ、「個性よりもまず形」「何か一つ形作れるようになる」ことを目標に理念というよりは即実践の講義を行います。

授業対象は「作曲0年目(DAWは持っている)~2・3年目」程度の制作能力の方です。

もちろん前記記載作業年数よりも期間は長いものの、制作に自信のないという方もお気軽にご参加下さい。

講師はAbleton Liveを使用しますがどのDAWでもご参加頂けます(Ableton Liveを使用の場合、「それはCmd+J」といったように質問点へ具体的な操作でご説明できます)。

本講義ではかなり具体的なVST/VSTiの名称が多数登場し、紹介されます。

授業では「簡単なノート」+「何かしらの作曲ソフトをインストール済みのモバイルPC」(+余裕があれば「オーディオ・インターフェース」+「持ち運び可能なMIDIコントローラー」)をご持参頂きます。


講 師:DJ TECHNORCH
日 程:2015年7月26日、8月2日、8月23日、8月30日、9月6日[全5回・全て日曜]
時 間:15:00~18:00
参加費:20.000円  ※5回分の料金です。
申込み:ページ下部のフォームよりお申込みください。申し込み後、受講料お振込の案内をお送りします。受講料お振込が確認された時点で申し込み完了となります。
会 場:美学校本校(地図)東京都千代田区神田神保町2-20第2富士ビル3F

※第一回目と第四回目のみ本校から徒歩2分のスペース『Editory』を使用します

 

講師プロフィール


DJ TECHNORCH (999 Recordings)

DJ TECHNORCH Photo

999 Recordingsを運営。ハードコアテクノバンド・九十九音夢(ツクモネム)としても活動、Murder Channel Records (JP), Cock Rock Disco (US)に所属。その活動範囲は早稲田茶箱・秋葉原MOGRAからCLUB CITTA’・新木場Studio CoastでのDJ/Liveや、2015年のアメリカ・オハイオ州のジャパンコンベンションでの約4000人の前でDJ/Live遠征、評論出版「読む音楽」、ユリイカ「特集:初音ミク」での東浩紀らとの対談、KONAMI beatmania IIDX/jubeat/Dance Dance Revolutionシリーズへの楽曲提供など多岐にわたる。「THE BEST OF DJ TECHNORCH 2003-2013」の販売実績は現在4500枚を越え、HARDCORE TECHNOとJ-POP/A-POPの融合「HARDCORE TECHNO POP」を標榜して活動を精力的に行っている。

 

「DJ TECHNORCHのテクノゼミナール」申込みフォーム


[mwform_formkey key=”6295″]

*ご入力いただいた個人情報は、受付手続きの目的以外で使用することはありません。また、許可なく第三者に提供、開示することはいたしません。
*フォーム送信後、三日以内に申込み完了のメールが届かなかった場合は、フォームが送信できていない可能性がありますので、お手数ですが美学校事務局までご連絡ください。

 

〈DTM〉
numb

▷授業日:不定火曜日 19:00〜21:30
DTMによる音楽制作を総合的に学ぶ講座です。シンセサイザーの音作りからビート打ち込みテクニック、サウンドをケアするためのミックスダウンに至るまで、自分の音源をプロのクオリティに近づけていくためのスキルを、一年かけて鍛えていきます。

Nakamura Kosuke

▷授業日:隔週金曜日 19:00〜21:30
音楽作品をデザインしていくための『録音』『ミックス』『マスタリング』の知識とスキルを基礎から学ぶ講座です。自分の音楽作品を創る上で、音の入り口から出口までを、トータルで高いクオリティで仕上げるための技術を身につけます。

Yokogawa Tadahiko

▷授業日:隔週月曜日 19:00〜21:30
アーティストとして作品を世に出していくために、自分の表現の幅を広げ、オリジナリティを掘り下げていくためのゼミナールです。自分の作品の強みは何か?アーティストとしての個性を模索しながら、一年かけて自分の作品をまとめたアルバムをつくることが目標となります。