Menu

Home
講座一覧
【開催延期】「歌謡曲〜J-POPの歴史から学ぶ音楽入門・実作編」 講師:LL教室

【開催延期】「歌謡曲〜J-POPの歴史から学ぶ音楽入門・実作編」 講師:LL教室



【本講座はオンライン+対面授業です】
コロナウィルスのリスクを考慮し、2022年度はオンライン講座と数名の対面授業とを同時に実施いたします。
地方や国外在住の方もぜひお気軽にご参加ください。
対面希望者には均等に機会が周りますよう調整させていただきます。


定員:15名
期間:2022年5月〜2023年3月 月1 全12回 ※3月は隔週の2回開催となります
日時:第2日曜日 午後7時~午後9時30分 ※講師の都合により変動する場合もございます
学費:100,000 円 教程維持費:10,000円(年額)
開催教室:オンライン+美学校スタジオ


 

歌謡曲〜J-POPの歴史と呼応しながら”知る/聴く/作る”楽しさを学ぶ。


この講座では、日本のポピュラー音楽の歴史とそこで使われていた技術を学び、実作・講評を通してアウトプットしていきます。

ヒット曲がなぜ多くの人の支持を得て、歴史に残る形になっているのか?

現在までに蓄積された先人たちの歴史と技術の両方に向き合うことによって、独りよがりではないポピュラリティを獲得することを目指します。

より豊かにポップスを知る/聴く/作る”、そのきっかけとして歌謡曲~J-POPの歴史を学ぼう!

 

ZOOM授業


一人で音楽制作を続けていると、使い慣れたパターンやルーチンに陥ってしまいますが、自作への講評をフィードバックさせる事で、これまで知らなかったアプローチが出来るようになります。ヒット曲分析のオーソリティーである批評家チーム、LL教室の3人が、あなたの才能を良い方向に伸ばす指導を行います。
授業は座学と実践を交互に行うカリキュラムで進行します。

写真=皆藤将

授業は毎回アーカイブされますので、多忙な方は後から視聴することも可能です。

 

オンライン添削


授業連絡はじめ、様々なコミュニケーションにはチャットツールのDiscordを使用します。

個別のスレッドが設けられ、そちらに適宜課題を提出いただくことでオンラインで講師から添削やアドバイスを受けることができます。

 

よくある質問/FAQ


Q どういう人が対象でしょうか?

A 全くの初心者から、シンガーソングライターとして1人で、またはバンドや打ち込みなどで曲作りをおこなったり既にリリースのある方まで、幅広く対応します。
「フレーズやメロディを考えることはできるけど、ひとつの楽曲として完成させることができない」
「作曲はできるけどアレンジが苦手」
「どのような音楽的アプローチを採ることが、自分の表現したいことに合っているのか知りたい」
「自分の作る/作ろうとしている音楽が、ポピュラー音楽史のなかのどこに位置づけられるのかわからない」
という音楽制作者の方から、 「教養・知識として日本のポピュラー音楽史を体系的に学びたい」 というリスナーの方まで、幅広くご参加をお待ちしております。

 

Q 音楽を作ったことがありませんが平気ですか?

A 音楽制作の経験度は問いません。
座学パートでは年代とテーマに沿って楽曲を分析します。その後、分析を踏まえた歌詞や楽曲を制作していただきます。作曲が苦手な方は作詞のみでの提出、あるいはサビの1フレーズのみ考えてみる、といった形での参加もOKです。

 

Q 録音とかした事がありませんが大丈夫ですか? 

A 制作環境は問いません。
身近に録音環境が無い方は、スマホに鼻歌で録音するといった提出方法も可能です。また録音方法などについては随時ヘルプを行います。

講評パートにて提出された作品を添削しながら、より深く技術やフォーマットを咀嚼していきます。

 

Q オンライン講座とはどのように受講しますか?

A 本講座はZOOMというミィーティングツールを使用します。ご自宅の回線やマシンパワーなどご確認いただき、最新版をインストールの上ご参加ください。
また、授業補助としてチャットツールのDiscordを使用します。課題提出や個別のフィードバックなど、授業時間内でフォローしきれなかった内容はDiscordを併用しながらカバーします。

授業時間だけでなくトータルで講座の場をご活用ください。
ほか、オンライン講座につきましては本校が定めるガイドラインをご参照ください。

 

授業内容  歌謡曲〜J-POPの歴史の延長線上にある未来のポップスとは何かを考える!


5/22《第1回》概論/「リズム歌謡」を考える(1)/1945-1968
講義の前提としてヒット曲になる条件について考えます。楽曲をさまざまな要素から分解して、それらを時代ごとに見ていきます。具体的には、日本のポピュラー音楽の起点として、鹿鳴館~戦前ジャズ、その後、戦後まで含めて「ノヴェルティソング」の構造をもつことを確認し、そのうえで、戦後のリズム歌謡について考えます。受講者が事前に作ってきたものに対してコメントもできたらと考えています

6/12《第2回》講評①

7/10《第3回》「リズム歌謡」を考える(2)/1945-1968
敗戦を経た日本文化として、アメリカの影響下にある「ポップス」について考えます。とくにこの回では、1960年代に「リズム歌謡」(GS、カヴァーポップスなど)について、楽曲構造・歌詞・振付・当時の言説など、さまざまな観点から考えます。さらに実演を通じて、楽曲構造を体感的に考えます。

8/21《第4回》講評②

9/11《第5回》フォーク~ニューミュージック/1969-1976
フォークとともにあった「自作自演の時代」について考えます。作り手と歌い手の距離が限りなく近い表現形態はどのような音楽・歌詞・演出に支えられていたのか、そのような表現は商業的なポピュラリティとどのように関わっていたのか、分析的に考えます。「テレビに出ない歌手」という役割など、メディアと音楽表現の関係についても注目します。

10/09《第6回》講評③

11/13《第7回》バブル・YMO・産業ロック/1977-1989
サウンドとしてのテクノとそれを利用した楽曲のイメージについて考えます。また、アイドル歌謡やCM音楽隆盛の時代にあって、先鋭的な音楽と商業性/ノベルティ性の結びつき、ひいては、形式性と表現の関係について考えます。目立つための手段として音楽があった時代、社会の結びつきから「ヒット曲」について考えます。

12/11《第8回》講評④

1/15《第9回》「J-POP」を考える/1990~2000
CDが爆発的に売れた時代の「J-POP」について考えます。タイアップ、カラオケボックスの普及、CDというメディアの広がりなど、当時の社会背景を踏まえたうえで、「J-POP」と呼ばれた楽曲の傾向について考えます。楽曲分析をされる機会が少ない「J-POP」について、実際に楽曲を聴きながら、その音楽性と歌詞を分析します。そのさい、歌い手の「キャラクター」の重要性についても注目します。

2/12《第10回》講評⑤

3/12《第11回》ポスト「J-POP」を考える/2000~
2000年代以降の「ポストJ-POP」とでも言うべき状況について考えます。さまざまなメディアが台頭し、大型のヒット曲が生まれにくくなった時代、どのような「新しいヒット曲」のありかたが考えられるのか。上記講義を踏まえて、「新しいヒット曲」のかたちを考えます。

3/26《第12回》講評⑥

 

課題作品の一例


2021年度受講生・山根さんの作品

《第3回》「リズム歌謡」を考える(2)を踏まえ、「ドドンパ」または「シャムロック」のリズムで作曲というお題で製作していただきました。

《第7回》バブル・YMO・産業ロック/1977-1989 を踏まえ、”イカ天に出るとしたら”というお題でコンセプトから企画していただきました。


本講座の公開ガイダンスとして行われたオープン講座「J-POPの構造」の模様を無料再配信いたします。
講座のご参考にぜひご覧ください!

アーカイブ◆オープン講座「J-POPの構造」 
放送時間:2時間34分

 

講師プロフィール


LL教室

2015年、構成作家の森野誠一、日本語カヴァー曲研究家のハシノイチロウ、批評家の矢野利裕の3人によって結成されたユニット。

音楽イベントのDJ、ラジオ番組の選曲、J-POPについてのトークイベントを主催するなどの活動をしている。現在、市川うららFMで「LL教室の試験に出ないJ-POP講座」(土曜深夜25時〜)放送中。

 

・森野誠一…構成作家として主に音楽・バラエティ番組を担当。テレビ東京『ゴッドタン』の人気企画「芸人マジ歌選手権」ではマキタスポーツ presents Fly or Dieにベーシストとして参加、「ROCK IN JAPAN FES」「COUNT DOWN JAPAN FES」などにも出演している。「Pop’n music」「太鼓の達人」などのリズムアクションゲームにも楽曲提供。

・ハシノイチロウ…「洋楽の日本語カヴァー曲」研究の第一人者として、収集したレコードをブログやラジオなど各メディア上で紹介している一方、酸辣湯麺を食べ歩く活動では『マツコの知らない世界』(TBS)にも出演。

・矢野利裕…著書『コミックソングがJ-POPを作った』(P-VINE)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などで音楽と芸能について論じている。TBSラジオ『アフター6ジャンクション』『荻上チキ Session-22』などに出演し、ジャニーズ楽曲やコミックソングについて解説など。

 

講師インタビュー


2021年に開講した本講座は、日本のポピュラー音楽の歴史を通して、音楽を「知る/聴く/作る」楽しさを学ぶ講座です。戦後から現在に至るまで、各時代のヒット曲を対象に「なぜこの曲がヒットしたのか?」を分析することで批評眼を養います。また、座学と実作を交互に繰り返すことで、無理なく実作を重ね、自身の楽曲制作のスキルアップはもちろん、リスナーとして音楽を体系的に聴く力を身につけます。本稿では、講師であるLL教室の皆さんに、3人の出会い、講座内容、ご自身と音楽の関係などについてお話しいただきました・・・インタビューの続きを読む

 

この教程に受講を申込む

 

 

 

講座内容に関するご質問や相談


こちらのフォームは音楽系の講座に関するご質問や見学希望のための共通フォームです。ご希望の講座にチェックを入れてお問い合わせください。複数の講座のご質問も可能です。なお、本フォームからのお申し込みは受け付けておりません。

お名前
必須
 
年齢

メールアドレス
必須

確認のため、もう一度入力してください。


興味のある教程は何ですか?(複数可)
必須

ご相談内容 必須


 

〈作曲/作詞〉


楽理基礎科 菊地成孔 Kikuchi Naruyoshi

▷授業日:隔週水曜日 19:00〜21:30
楽曲の構造を支える『音楽理論』を学ぶ講座です。魅力的なコード進行が、どのような仕組みで作られているのか?全くのゼロから始め、ポップスのコード分析が可能な可能になるまでのベーシックな音楽理論を学習します。


作曲演習 高山博 Takayama Hiroshi

▷授業日:隔週水曜日 19:00〜21:30
楽曲の魅力の源泉ともいえる『メロディ』を作る技術を学ぶ講座です。才能や偶然で済まされがちなメロディの作り方を体系立てて学び、曲作りのスキルを多面的に身に付けます。短いフレーズをつくることから始め、オリジナル楽曲を仕上げていきます。


歌う言葉、歌われる文字 鈴木博文

▷授業日:第四金曜日 19:00〜21:30
歌い、歌われる「歌詞」について学び、作詞を実践する講座です。講師の実際の仕事を具体例とした作詞メソッドの解説と並行して、作詞課題と添削を行う実践的な講義となります。


実践!自己プロデュースと作品作り 入江陽

▷授業日:隔週木曜日 19:00〜21:30
「作詞、作曲」および音楽作品を何らかの形で世に「発表する」ことに特化して学びます。 受講生それぞれの技術やスタイルをカウンセリングしながら、各自が最適な形で自分の楽曲を世に出すことを目指します。