Menu

Home
講座一覧
映像音響論  岸野雄一【10月期募集なし】

映像音響論  岸野雄一【10月期募集なし】



定員 12 名
授業日:木曜日(月1回/年間10回) 午後7時00分~午後9時30分
学費:100,000 円 教程維持費:10,000 円(通額)

※チラシ紙面には「隔週火曜日」記載されておりますが、正しい授業日は「木曜日(月1回/年間10回)」です。


2013-10-31 19.51.29 HDR_映画音楽

映画のサウンドデザイン

音と映像の関係を様々な作品のワンシーンをプレイバックしながら 実例として学び、映画音楽とは何かを思考していく講座です。20世紀以降の映像の発達史から、21世紀現在にまで繋がる音と映像の発展史を解読し、概念と方法論を体系化していきます。また無声映画に音/音楽を付ける実習も行います。音楽を作る技術を持っていない方は、サポートを受けながら既成曲を付ける事も可能です。

 

授業内容


 

1:映画において音と映像はいかに同期するに至ったか?
2:映画の音を改めて聴きなおす
3:ソース・ミュージックとアンダースコア
4:ライトモチーフの応用例
5:音の構造と映像の構造の違い
6:シンクロとミッキーマウジング
7:20 世紀の音と映像の進化過程を解読する
8:音/映像の伝えようとしている意図を読み解くには?
9:映像に音・音楽を付けていく具体的な方法と事例
10:ゲストを招いての課題講評会

 

授業で扱う映画


勝手にしやがれ/ジャン・リュック・ゴダール 女は女である/ジャン・リュック・ゴダール カルメンという名の女/ジャン・リュック・ゴダール こことよそ/ジャン・リュック・ゴダール 気狂いピエロ/ジャン・リュック・ゴダール アパッチ砦/ジョン・フォード ラストタンゴ インパリ/ベルナルド・ベルトルッチ 狩人の夜/チャールズ・ロートン 偽りの花園/ウィ リアム・ワイラー アタラント号/ジャン・ヴィゴ サスペリア2/ダリオ・アルジェント テシス・次に私が殺される/アレハンドロ・アメナーバル アレキサンドルネフスキー/セ ルゲイ・エイゼンシュタイン ブルー/安藤尋 イージーライダー/デニス・ホッパー グエ ムル/ポン・ジュノ ポイントプランク・殺しの分け前/ジョン・ブアマン ファンタジア/ ベン・シャープスティーン 黒衣の花嫁/フランソワ・トリュフォー インセプション/クリ ストファー・ノーラン ショック集団/サミュエル・フラー マーティ/デルバート・マン 影なき狙撃者/ジョン・フランケンハイマー エクソシスト/ウィリアム・フリードキン 2001年宇宙の度/スタンリー・キューブリック キルビル/クエンティン・タランティーノ グランドホテル/エドマンド・グールディング ケーブルホーグのバラード/サム・ペキンパー ジョーズ/スティーブン・スピルバーグ テキサスの5人の仲間/フィルダー・クック ソー シャル・ネットワーク/デヴィッド・フィンチャー どですかでん/黒澤明 フェイスオフ/ ジョン・ウー ロンゲストヤード/ロバート・オルドリッチ 座頭市暴れ火祭り/三隅研次 須崎パラダイス・赤信号/川島雄三 地獄の黙示録/フランシス・フォード・コッポラ 日本 橋/市川崑 浮草/小津安二郎 北北西に進路を取れ/アルフレッド・ヒッチコック 僕の伯 父さんの休暇/ジャック・タチ 未知との遭遇/スティーブン・スピルバーグ あの胸にもう 一度/ジャック・カーディフ ベルリン天使の歌/ヴィム・ヴェンダース ゾンビ/ジョージ・ A・ロメロ 乱れ雲/成瀬巳喜男 陽炎座/鈴木清順 ほか、随時、多数。

 

講師プロフィール


岸野雄一

音楽家、オーガナイザー、著述家など、 多岐に渡る活動を包括する名称として スタディスト(勉強家)を名乗り活動中。 レーベルオーナーとしては “Out One Disc” を 主 宰 し、OORUTAICHI や Gangpol & Mit など個性豊かなアーティ ストをプロデュース。オーガナイザー としては Max Tundra 日本ツアーのアテ ンドをつとめるなど、常に革新的な『場』 を模索している。 そしてアーティストとしては、人形劇 +演劇+アニメーション+演奏という 総合的な表現に挑戦した音楽劇『正し い数の数え方』が第 19 回メディア芸術 祭エンターテインメント部門で大賞を 受賞した。 裏方からフロントマンまで、あらゆる フィールドを表現の舞台として活躍中。

 

この教程に受講を申込む

 

 

〈研究室〉
Nakazawa Hideki

▷授業日:隔週水曜日 19:00〜22:00
美術作家中ザワヒデキの自筆文献を受講生が読み解き研究の課題とし、本人が積極的に推し進める。芸術理念を反映している多岐にわたる文章を、受講生自身の個々の問題意識に併せ捉え直し、共に議論することを主な目的とします。

JINMO

▷授業日:曜日不定(月2〜3回/年間27回) 19:30〜21:30
本講義は芸術表現の技法や知識といった”情報”の伝授の場ではない。五感、総ての感覚器官で対峙する状況における美の”体験”を実感する場としたい。良質のインプット無しには良質のアウトプットはあり得ない。美しいインプットに貪欲であれ。

▷授業日:木曜日(月1回/年間10回) 19:00〜21:30
音と映像の関係を様々な作品のワンシーンをプレイバックしながら 実例として学び、映画音楽とは何かを思考していく講座です。20世紀以降の映像の発達史から、21世紀現在にまで繋がる音と映像の発展史を解読し、概念と方法論を体系化していきます。