Menu

Home
講座一覧
描く日々 佐藤直樹+中村寛

描く日々 佐藤直樹+中村寛



【授業開始日の延期について】
当校では新型コロナウィルスの感染拡大にともない、5月期講座の開始日程を当初の予定である5月中旬から5月下旬〜6月上旬に延期とすることを決定いたしました。当講座の初回日程は以下を予定しております。なお初回日程は今後の感染症の拡大状況により変更になる可能性があります。

描く日々:5月28日(木) 6月4日(木)


定員 10 名
毎週木曜日:19:00〜22:00
学費:330,000円 教程維持費:10,000円(年額)
開催教室:本校

授業見学に申込む

 


 

「描く」ってどういうことでしょう。時代や場所によっても異なります。この講座ではそこのところをできるだけ広げて考え、実践し、各自の力にしてもらいたいと思っています。そのために、実技はもちろん、人類学や哲学にも触れながら学びます。

人類の歴史は長く世界は広いので「こんな描き方は自分と関係ない気がする」と思うこともあるでしょう。けれど、今何らかの描き方が流行っているとして、あるいは優れたものと認められているとして、そこに反応していても、過ぎ去るものがほとんどです。だからこそ急いで上手くなりたいと考える人もいるかもしれません。しかし、上手い下手の話をすれば、その時代その場所で最も上手い人に比べれば講師も受講生も全員が下手です。逆に、どれだけ上手い人にだって学ばなければならないことはあるはずです。問題はそこじゃないでしょうか。

あなたがこの講座を経て何になりたい人かは問いません。イラストレーター、デザイナー、アーティスト、画家などを目指している人。すでになっている人。「仕事に結びつけては考えていないけれど、今はただとにかく楽しみながら絵が描きたい」「子供の頃には絵が好きだったのに学校で嫌いになってしまった」という人。「視覚のロジックを言語的にではなく学びたい」「ビジュアルやグラフィックともっと自然に親しめるようになりたい」といった人。どんな人でも「描く日々」の仲間として歓迎します。

「描く」ことの可能性は無限と言えるほど大きい。私たちはそう思っています。そこには間違いなく上手い下手を超えた何かが存在しています。そのことを目の当たりにして、自分もそこに体当たりしてみたい。それはまずもって私たち自身の願望ですが、集うことによって今まで気づけなかった可能性の多様さに出会うこともできるでしょう。 

 

授業内容


 

各自の絵画体験から/絵画以外の表現のこと/どこからどこまでを絵画と考えるか/線について/面について/平面と立体/道具の吟味/模写をする/観察をする/身近なものを描いてみる/「絵になる」とはどういうことか/色について/絵具を選ぶ/夏休みの課題を決める/夏休みの課題の提出と講評/止まっている人を描く/動いている人を描く/植物を描く/動物を描く/建物を描く/街を描く/風景を描く/大雑把に描く/細密に描く/見ないで描く/抽象的に描く/存在するものとしないもの/空間について/記号や文字のこと/冬休みの課題を決める/冬休みの課題の提出と講評/修了展に向けたディスカッションと制作/修了展のための制作と準備/メディアの使い方を考える

 

講師プロフィール


佐藤直樹佐藤直樹

1961年東京都生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。肉体労働から編集までの様々な職業を経験した後、1994年、『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターに就任。1998年、アジール・デザイン(現アジール)設立。2003~10年、アート・デザイン・建築の複合イベント「セントラルイースト東京(CET)」プロデュース。2010年、アートセンター「アーツ千代田 3331」立ち上げに参画。2012年、アートプロジェクト「トランスアーツ東京(TAT)」参加を機に絵画制作へと重心を移す。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。札幌国際芸術祭2017バンドメンバー。3331デザインディレクター。多摩美術大学教授。著書『無くならない─アートとデザインの間』(晶文社)、画集『秘境の東京、そこで生えている』(東京キララ社)、展覧会図録『佐藤直樹 紙面・壁画・循環─同じ場所から生まれる本と美術の話』(美術出版社)など。http://satonaoki.jp/

 

中村寛

専門は文化人類学。「周縁」における暴力、社会的痛苦、差別や同化のメカニズム、反暴力の試みや芸術・文化運動、ソーシャル・デザインなどのテーマに取り組み、《人間学工房》を通じた文化運動もおこなっている。著書に『残響のハーレム─ストリートに生きるムスリムたちの声』(共和国、2015)。編著に『芸術の授業─Behind Creativity』(弘文堂、2016年)。訳書に『アップタウン・キッズ─ニューヨーク・ハーレムの公営団地とストリート文化』(テリー・ウィリアムズ&ウィリアム・コーンブルム著、大月書店、2010)。多摩美術大学准教授。https://www.ningengakukobo.com/

 

 

授業見学お申込みフォーム


授業見学をご希望の方は以下のフォームに必要事項を入力し送信してください。担当者よりご案内のメールをお送りいたします。

お名前
必須

メールアドレス
必須

確認のため、もう一度入力してください。


希望日
必須

見学希望教程
必須

備考


*ご入力いただいたお客様の個人情報は、お客様の許可なく第三者に提供、開示することはいたしません。
*システム不具合によりフォームが正しく表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、美学校事務局までメールか電話でお申込みください。
*フォーム送信後、3日以内に事務局から返信のメールが届かなかった場合は、フォームが送信できていない可能性がありますので、お手数ですが美学校事務局までご連絡ください。

 

 

〈絵 画〉
NabetaTsuneo

▷授業日:毎週土曜日 13:00〜17:00
モノ(事柄)を観察し考察し描察します。モノに対する柔軟な発想と的確な肉体感覚を身につけます。それぞれの「かたち」を模索し、より自由な「表現」へと展開する最初の意志と肉体の確立を目指してもらいます。

Tajima Toru

▷授業日:毎週火曜日 18:30〜21:30
細密画教場では目で見たものを出来るだけ正確に克明にあらわす技術の習得を目指します。この技術は博物画やボタニカルアート、イラストレーションなどの基礎になるものです。

Miyajima Yoichi

▷授業日:毎週火曜日 18:30〜21:30
Drawing「線を引く。図面」などを意味します。美術の世界では、紙などに鉛筆やペン、水彩などで描かれた表現形式を言います。描ける材料ならどのような画材でも持参してください。毎回ドローイングの制作を行います。

Majima Hidenori

▷授業日:毎週土曜日18:30〜21:30(毎月第三週は日曜日13:00〜17:00)
本講座では自立した作家として歩み出せるように、制作実践のための可能性を探究し続けます。内容は基礎素材論に始まり、絵画制作に必要な準備の方法を習得するために、古典から現代までの作品研究等をゼミ形式で随時開催します。

Sato Naoki

▷授業日:毎週木曜日19:00〜22:00
とにかく描きます。そういう講座です。でも「描く」ってどういうことでしょう。時代や場所によっても異なります。この講座ではそこのところをできるだけ広げて考え、実践し、各自の力にしてもらいたいと思います。