Menu

Home
修了生インタビュー「平出隆」

修了生インタビュー「平出隆」



 昨年より行われている修了生インタビューの今年一人目は、1971年度細密画教場の修了生で、詩人・造本家としてご活躍されている平出隆さんです。インタビュアーは現役美学校生であり、多摩美術大学学生の香坂はるひさんです。香坂さんは、平出さんが著作・装丁・出版のすべてを手がけるvia wwalnutsのスタッフでもあります。


 

  修了生インタビュー 平出 隆 〈美学校の周辺〉


 インタビュー日時:2013年1月、Twitter上にて

香坂 明けましておめでとうございます。年の初めにこのようなインタビューのお話を頂け、とても光栄に思います。今回インタビュアーを務めます香坂はるひと申します。 現在、多摩美術大学グラフィック科2年、via wwalnutsスタッフ、そして昨年から美学校に通っています。実は、こうして今、vwwと関わることができているのも、私が先生の「言語芸術論」の授業終わりに、美学校についてお尋ねしたことから始まります。 平出先生は1970年に一橋大学入学と同時に、美学校の細密画工房に入られたとお伺いしました。 早速ですが、まず美学校に入られた経緯を教えていただけますか。  

平出 明けましておめでとうございます。 多摩美の学生に美學校に通う人がいて、こういうインタビューがあるとは思いませんでした。 それにあなたは、昨夏から私個人の出版活動 via wwalnutsにも飛び込んで来た人だから、よほど縁があるんでしょうね(笑)。 まず、美學校に入った経緯についてお話ししましょう。その前に、いまはどうなのか、当時はロゴが強烈で、「美學校」の「學」の字はとくに複雑なほうを常用していたように思います。 そこで「學」のつもりで話しますが、あなたは「学」でいいんですよ。 さて、経緯ですが、1969年春は最初の大学受験でしたが、高校の早い時期から、東京に出ることを第一義に考えていたんです。 68年69年というのは「大学紛争」の時代で、教育の場だけではなく、文化や芸術や思想のすべてに、破壊的なエネルギーが渦巻いた時期でした。 小倉という地方都市の高校にいても、充分にいろいろな波動が伝わってきました。本や雑誌、新聞や映画からですね。 だから、69年春に渦の中心に入って行こうという計画だったんですが、失敗しました。それでも、1969年春から美學校というものが開講した、ということは知っていましたし、知って、すぐにも入りたいんだが、と悔しく思ったことも憶えています。 それというのも、各工房とは別に受講できる「講義」があり、その「講師」の陣容が尋常じゃなかったんです。私は70年の入学になりましたから、少し豪華さが落ちたかなと思いましたが、それでも、土方巽、唐十郎、松山俊太郎、種村季弘といった方々の講義を聴講できました。69年には、たしか埴谷雄高さんもいらしたはずです。その辺の記録はありますか。  

香坂 ありがとうございます。「學」と「学」、漢字だけではない違いが少しありそうです。ち ょうど69年あたりの記録があります。その年は、埴谷雄高さん、そして澁澤龍彦さんや瀧口修造さんも来られていたようです。 埴谷雄高さんは70年度のチラシにも名前が載っています。創立時のチラシが美学校webサイトにアップされました。ご覧下さい。創立時のチラシ松山俊太郎さんは、昨年の11月まで美学校で講義を持たれていました。(聞くところによると69年の漫画のクラスは当初つげ義春さんが講師を担当する予定だったそうです。)実技の講師陣の豪華さももちろんですが、それに加えて講義の講師陣に惹かれる方も多かったのではと思います。当時、平出先生の他に、どんな人が生徒として来ていたのかが気になります。先生のおっしゃる「破壊的なエネルギー」や、当時の美学校の雰囲気は、どのようなものだったのでしょうか。

平出 このチラシのアーカイヴはありがたいですね。見ていて随分いろんな細部を思い出せそうです。来ていたのは、渾沌とした時代状況の中で、それでも美術をやっていこうという人たち。紛争で大学は荒れ放題でしたが、美術大学も同じでした。「美共闘」は1969年の夏に多摩美で結成され、それまでの美術制度を否定する学生運動として他の美大にも広がっていたのでしょう。私が知り合った中でも、美術大学を中退してきた人は結構いたと思います。あるいは美大進学を見切って、という人もいたでしょう。すいどーばた美術学院とか桑沢デザイン研究所とか、聞こえてきました。そもそも現代思潮社の刊行物は反制度の思想ですからね。当時の美學校の精神、チラシの惹句にも美術大学批判は明確だったんです。「手」と「技」といったことばが打ち出され、「教えること教わること」が問われていく。いまもそうでしょうが。だからといって当時、「美共闘」的な学生が目立ったかというと、そんなでもなかったね。ぼくの入ったのが細密画教場だったせいかな、静かな人が多かった。それでも、社会思想の本を読みあさっているような人もいました。こんな話を聞いて、いまの「美学校」はどうなのかな。多摩美の学生との違いということでもいいけれど、聞かせてください。

香坂 全員が反発・批判精神一色というわけではなかったのですね。「教えること教わること」が問われていく場所という点、今も変わりませんね。いま、美学校には60人程の生徒が来ています。様々な年代の人が集まることが大学との大きな違いです。世代が異なる人がひとつのクラスで授業を受けることや同じ机を囲むことは今までありませんでした。私の通うドローイングのクラスでは、「今ここで絵を描く時間に少しでも触れていたい」という空気を強く感じます。少なくとも大学ではあまり感じたことのない空気です。アンチ色はかなり薄くなりましたが、それでも美学校のオルタナティブな部分はいまも変わらないと思います。当時は大学や時代に対して批判的な人が多く来ていたということですが、実際に大学の実情はどうだったのかが気になります。以前、「造反有理」のお話をお聞きしましたが、先生が学生運動や美学校から受けられた影響など、ありましたでしょうか。  

平出 ぼくは団塊の世代のいちばん最後のところでね、じつに微妙なんです。お話ししたように、69年は文化的騒乱が最大の渦に達した年だとしたら、70年は、急激な収束の時代なんです。この落差の中で、ほんとうに、みなそれぞれ迷い子になったんでしょう。当然でしょうね。ぼくはそんな落差を意識させられながら、一方で、落差を観察もできる、そういう世代的位置にいたのかもしれません。詩を書くということは、じつは高校時代から決っていたようなものでした。それなのに文学部には行きたくなくて、へそ曲がりにも「実業」の大学を受験したわけでしょう。一橋入学が決まった途端に、よし、美學校にも行くと決めたんです。親には、大学が私立じゃなくなったから、ここの授業料を一年くらい出してくれてもいいでしょ、というような感じで。当時の国立大学の授業料は1万2千円だったんです、年間で(笑)。だから相当屈折してるね。詩を書こうとしているのが、わざわざ元「商科大学」に入って、バランスを取り直すように美學校をも選んだ。しかも、博物細密画という虚の極み。子羊としては、かなり積極的に迷おうとしていた子羊ですね。美學校では「一橋の一年生」として、やはりちょっと変な存在だったでしょうね。一方、一橋ではその年の秋に新聞部に入りました。ここは全国学生新聞連盟の書記局で、神田一橋に部室があったんです。部員はほとんど全共闘の活動家です。ここでも、やわな詩青年が入って来た、しかも美學校にも行っている、という変な目で見られたでしょう。最初の下宿は新宿で夜、映画を見てからでも歩いて帰れるという理由で、幡ヶ谷を選びましたから、新宿に出ても国立は方向が違う。それで、新聞部と美学校と古本屋のある、神保町方面にばかり足が向いたんです。国立のキャンパスに通ったのは、美學校の講師陣にも名を連ねておられた出口裕弘先生のゼミだけ。ぼくがいま一橋大学の見える部屋で寝起きしているのは、その罪滅ぼしなんです。あ、まずいな、自分の教え子に対して、大学に通わなかった話をしては(笑)。 


ページ: 1 2 3