Menu

Home
受講生によるグループ展「ティーム・エモ発表会」のお知らせ

受講生によるグループ展「ティーム・エモ発表会」のお知らせ


 

「ティーム・エモ発表会」


ティーム・エモ発表会


現役受講生による一日限りのグループ展「ティーム・エモ発表会」が美学校の屋上にて開催されます。是非お越しください。


発表者:はしヲ、Youた、サスキ了、十十三
スペシャルゲスト:倉重迅、田中偉一郎[「映像表現の可能性」講師]
日 程:2014年12月7日(日)
時 間:13:00~19:00(19:00〜BBQパーチー開催。出し物もあるヨ)
会 場:美学校 本校 屋上
    東京都千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル 屋上


1977年、当時18歳の少年が、自ら率いるバンドのデビュー・アルバム、その1曲めというかけがえのない場面で、性急なビートに合わせて歌いだした。「やりたいならなんでも、行きたいならどこへでも! 君が望むなら、許可など不要! いいと思えばやればいい! 輝くためなら、服装自由! 望みを言いなよ。だって、それが新しいアートスクールなんだから!」。そして、「思いどおりに、やりたきゃやりな! 時間がないから、いまやるべき! 笑われたって気にしない。笑ってるのは、君に嫉妬してるバカなヤツだけさ!」と続く……。
これは「Art School」という曲の意訳。だって、「Art School」を直訳したら「美學校」なんじゃない? 誰がバカかはともかく(笑)。

で、なんの話かというと、ほとんどデビュー前みたいな美學校「映像表現の可能性」受講生が主催する、どんな仕上がりになるやらよくわからないグループ展があるということ。ティーム・エモとかいうくらいだから、間違いないのは「エモい」ことくらいか? 使い古された関係性より、俺たちらしいエモ。合意より、恣意。つまり、祝祭万歳じゃなくて、逸楽上等。

まあ、ポール・ウェラーを引き合いにして「エモい」とか、フツーに怒られそうだけどね(笑)。でも、息子のナット・ウェラーもミュージシャンで、日本語で歌う曲があるほどの日本通だから、“Hey, Natt, what’s Emoi?” “Oh, dad, it’s not easy to explain. Coz…” なんていう関係性の生成もありうる。だからなんなんだって話ですけど(笑)。

阿部謙一[「「映像表現の可能性」講師]