Menu

Home
シルクスクリーンエッチングレジストインクによる写真製版銅版画ワークショップ

シルクスクリーンエッチングレジストインクによる写真製版銅版画ワークショップ



これまでの写真製版銅版画(フォト・エッチング)には、人にも環境にも優しくない有機溶剤が用いられて来ました。
今回、新たな試みとして私たちが提案するのは、元絵の処理をシルクスクリーンの方法で行い、エッチングレジストインクを銅の板に刷り、その後に銅版画の制作プロセスを経るという方法です。
作品の元になる素材は、写真でもCGでもコラージュや手描きの絵でも構いません。最終的にはA4判程度の大きさの銅版画に仕上げます。専門的な知識の有無は問いません。
シルクスクリーンと銅版画とのふたつの技法が同時に体験出来ます。そしてその先に、より多くの展開を望めるスタイルとなる可能性を秘めています。


講 師: 松村宏、上原修一
日 程: 2013年3月3日(日)/10日(日)/17日(日)/24日(日)[全四日]
時 間: 各日13:00〜17:00(時間延長あり)
参加費: 25,000円(A4程度のリスフィルム、銅版、スクリーン他製版資材、紙(ロベール)、その他消耗品費込み。)
定 員: 6名(先着順)
場 所: 美学校
     東京都千代田区神田神保町2-20第二富士ビル3F
申込み: 定員に達したため締切りました。3/1


 

【工程】

1日目

  • 全行程・資材説明
  • 写真製版原稿について…
  • 次回までに原稿を準備する
  • スクリーンレジストサンプル刷り見学

 

2日目

  • リスフィルムにする原稿の検討、チェック。
  • 銅版刷り行程見学
  • 銅版の準備(裏止め・プレートマーク作り等)

 

3日目

  • 銅版へのスクリーンレジスト刷り
  • 銅版腐食
  • 腐食後の描き足し・アクアチント等・追腐食
  • 早い人は銅版テスト刷り

 

4日目

  • 銅版刷り
  • 技法整理・講評会

_MG_5022__.jpg

露光機

_MG_5034__.jpg

プレス機

【写真製版による作例】

Scan10001_.jpgScan10002_.jpgScan10003_.jpg
Scan10004_.jpgScan10005_.jpg