Menu

Home
【イベントレポート】卒業生の話を聞いて飲む会 vol.1 ゲスト:悠レイカ

【イベントレポート】卒業生の話を聞いて飲む会 vol.1 ゲスト:悠レイカ


文・写真=皆藤将


今月から始まった月イチの学内企画「卒業生の話を聞いて飲む会」。第一回は9月18日に「絵画表現研究室」と「生涯ドローイングセミナー」の卒業生・悠レイカさんを招いて開催されました。

 

「卒業生の話を聞いて飲む会」とは?


美学校には様々な活動をしている受講生や卒業生がいるのですが、授業は基本的に週一回(音楽系の講座だと隔週一回)しかなく、授業の時しか来ないので、他の講座の人と知り合ったりする機会はほとんどありません。さらに講座は一年単位なので、同じ講座でも年度をまたいでいると同じく知り合う機会がなかったりします。せっかく面白い人たちがいるのに、知り合えないなんてもったいない。(もちろん、そもそも無理に知り合う必要なんてないんですが。)何とか講座間、年度間の縦横の繋がりを作れないかなと思い企画したのがこの「卒業生の話を聞いて飲む会」です。

具体的には、卒業生の人に自身の活動をプレゼンしてもらい、お酒を飲みつつ、料理をつまみつつ、色んな話しをしましょうという会です。開催形式は色々考えたのですが、フォーマル過ぎず、ルーズ過ぎず、かつアットホームでフランクに話せる場にしたいと思い、このようにしてみました。まずは月一回4ヶ月間開催し、その後は同様に続けていくかもしれませんし、形式を変えて開催していくかもしれません。

ちなみに上記の開催理由から、この企画は美学校生(現役生、卒業生、講師、スタッフ、その他関係する人)に参加を限定しており、会費600円(ワンドリンク、食事付き)のホームパーティー形式でやっています。

 

初回ゲスト悠レイカさんの活動


初回のゲストは、エロティシズム研究生(フェティシズム専攻)、渋家大人部部長の悠レイカさんに来ていただきました。美学校では「絵画表現研究室」(2011年度で終講)と「生涯ドローイングセミナー」を受講。卒業後は様々な人々が集うシェアハウス”渋家”で暮らしながら、SMバーでの勤務経験を経て、フェティシズムの場へと活動を広げてきました。絵画系の講座を出てからフェティシズムの方向へ行くのも面白いですね。

以下、本人からいただいたプロフィールです。

 

悠レイカ

 

悠レイカ

1989年生まれ。美学校卒。エロティシズム研究生(フェティシズム専攻)。渋家大人部部長。NYOTAIMORI TOKYOにて女体盛られ師(つまりお皿)や、Feti.Tokyoにてライターも務める。フェティッシュアイドル・フェッティーズではR(アール)の名義で活動中。多様なセクシャリティーのあり方に興味をもち、“性のオルタナティブ”への飽くなき探究心を胸に、様々なスポットに足を運んで生の声を集めています。「えっち~ね♡」と「ふぇっち~ね♡」が口癖。
プロフ詳細 http://shibuotona.hatenablog.com/entry/2015/01/25/034321

 

プレゼンでは、目下勉強中というフェティシズムの思想史について話してくれました。フェティシズムという言葉の成り立ちから、その意味、枠組み、また現在その言葉がどのように使われているかといったことなどをレクチャー。

 

_MG_2764_1

 

フェチ研という勉強会も開催しているそうで、そこでは個々人のフェティッシュな嗜好が、学問的、思想的にどのような位置づけとなるかといったことを話したり、学んだりでいるそうです。

 

_MG_2720_1

 

途中から当校代表の藤川も参戦。結構遅い時間まで盛り上がりました。

 

_MG_2722

 

 

食事は?


今回の企画は、600円ワンドリンク食事付きでやっています。食事は誰が作っているのかというと実は私が作っています。自分の話になって恐縮ですが、5年ぐらい割烹料理屋やイタリアンで働いていた経験があるので、割と料理は得意なんです。

今回はメインに愛媛産の天然鯛を使った鯛飯を作りました。えっ、マジで?会費はワンドリンク&食事代込みで600円でしょ?本当に?赤字にならないの??そう、これマジです。マジで赤字です。料理欲の高まった皆藤がその料理欲を解消するために自腹でうまいもんを作りました。テンション高めですみません。

いや〜、大人数のための料理って楽しいですね〜。まあ、そんなことはどうでもいいんですが、やっぱり(ノーギャラで)話しに来てくれるゲストの卒業生に、美味しいものを食べてもらいたい思い奮発しました。

 

料理

 

ちなみに、その他の献立はこんな感じ↓でした

・豚バラと大根と三度豆のさっと煮
・長芋のポン酢醤油
・隣のお豆腐屋さんのお豆腐と揚げ、三つ葉のみそ汁

でした。

 

 

次回は武将芸術家・天歌布武 信長


次回のゲストは、武将芸術家として活動する天歌布武 信長さんです。信長さんは美学校の卒業生ではないのですが、美学校屋上のislandラピュタの管理人であり、非常に面白い活動をしているのでワイルドカード枠でお呼びしました。

 

信長2

 

信長さんは、顔が織田信長の肖像画に似ているとのことから信長と呼ばれるようになり、そのまま活動名となったそうです。現在は全国各地のアートプロジェクトに参加したり、天下統一プロジェクトという謎のプロジェクトを展開したりと様々な活動をしています。

信長さんのwebサイト→http://nobunaga21.sakura.ne.jp/

次回は10月23日の開催です。