Menu

Home
【レポート】「会田誠の月イチぼったくりBAR」第3夜 ゲスト:あおいうに

【レポート】「会田誠の月イチぼったくりBAR」第3夜 ゲスト:あおいうに


文=木村奈緒 写真=皆藤将、渡邊悠太


「会田誠特製謎のつまみ」を食べながら、ブレイク間近の若手芸術家のトークを聞く「会田誠の月イチぼったくりBAR」。全6回のうち、早くも3回が終了。折り返しとなった今回は、現代美術家でTAV Galleryキュレーターとしても活動する、あおいうにさんをゲストにお迎えしました。

過去にTwitter上で展開された会田さん×うにさんのやりとりなどから(?)、何がおきるか注目されていた今回のトーク。トークは無事に済んだのか。毎回配膳に苦労している「謎のつまみ」は無事に行き渡ったのか。簡単ではありますが、レポートいたします。

 

ファン垂涎、あおいうにグッズ。


 

uni_01

会場入口には、この日のためにうにさんが持参してくれた「あおいうに特製ポストカード」が。TAKE FREE/お一人様何枚でも可なので、全種類持ち帰ってくださったお客さんもいました。ポストカードに加えて、参加者には無料でうにさんの「絵詩集」が配られるという太っ腹ぶり(数量限定につき、入手できなかった方は申し訳ありません)。うにさん、用意周到です。

 

超満員でオープン。絶叫からスタート。


 

uni_02

ありがたいことに、毎回(超)満員のお客さまにお越しいただく本イベント。お客さんもそろそろ慣れてきたのか(?)、開場時間の18時30分には、美学校入口前の階段に長蛇の列が。先頭に並んでいたお二人に急遽つまみの準備を手伝っていただく…なんていう珍事もありつつ、19時には満席になりました。いよいよ開演。うにさんによる詩の朗読(絶叫)からスタートしました。

 

あおいうにの生い立ちetc…をたどる2時間


 

この日は、あおいうにさんが事前にスライドを用意してくださっており、そのスライドに沿ってトークは進んでいきました。ご両親のこと、ご自身のこと、うにさんが主催する「メンヘラ展」のことなどなど。うにさんの話を熱心にメモするお客さんがあちこちに。以前からのうにさんファンの方にも、今回初めてうにさんを知った方にも大満足の2時間でした。

 


これが「会田誠お手製謎のつまみ」だ!


 

uni_03

意外にも毎回会田さんが頭を悩ませている「謎のつまみ」。今回は、うにさんが最近取り組んでいるという、「おでんイング」(こんにゃく、はんぺん、ちくわ、しらたきなどのおでんの具材を使って絵を描く技法)にちなみ、鍋いっぱいの「おでん」がふるまわれました。会田さん曰く100人前用意したというおでんは大好評で、おかわりする人続出。またたく間になくなっていきました。

 

uni_04

おいしそうですね。

 

uni_04

トークは無事終了。最後はツーショットで。

 

次回は1/12(火)開催!


ということで、今回も楽しく美味しく大盛況の2時間でした。さて、次回は年明け2016年1月12日(火)に開催します。気になる第4夜のゲストは、現代美術家でラッパーとしても活躍する中島晴矢さん。最近はロフトワンのウェブサイトで「オルタナティブ展評」を連載している中島さん。アーティストとして、ラッパーとして、はたまた批評家として活動する中島さんの紡ぎだす言葉は必聴です。今宵、現代美術×ヒップホップ×文学…etc.の新しい地平が開ける!やはり次回も予約不要です。奮ってご参加ください!詳細はこちら